在宅ワーク主婦の130万円の壁。社会保険料の扶養を抜けたら働き損はどこまで?

わたしは在宅ワークでWebライティングをしています。

現在の収入は月7~9万円で扶養の範囲内ですが、そろそろ月10万円を超える可能性が見えてきました。

「扶養の範囲にとどめるか、働き損じゃないラインまでがんばるか」を選ばないといけません……!

 

しかし、扶養の範囲について調べていると「パート主婦」の実例ばかりで、在宅ワーク主婦についてはなかなかわかりづらいもの。

この記事では、わたしなりに調べてみた在宅ワーク主婦の社会保険上の扶養についてまとめていきます。

 

わたし
※扶養者(旦那など家族)が自営業者ではなく、厚生年金に入っていることが前提の内容です!

 

在宅ワーク主婦。社会保険上の扶養の範囲内で稼ぐには?

在宅ワーク主婦は扶養に入れる?

そもそも、在宅ワークをしている主婦は家族の扶養に入れない場合があります。

扶養者が加入している組合や共済の規定によっては、「個人事業主は被扶養者として認められない」とされていることがあるからです。

 

「個人事業主として開業して、青色申告をして節税したい!」と考えている方は要注意。

組合や共済に問い合わせて扶養の認定条件を確認してから、開業の手続きをするのがベターです。

 

わたし
わたしの場合、旦那が加入している組合のホームページで「被扶養者の認定条件」を見ることができました!組合の正式名称は、健康保険証に明記されていますよ^^

 

社会保険料の壁は130万。月額?年収?

社会保険料の扶養の範囲は、年収106万円もしくは年収130万円です。

「年収106万円」は一定規模の企業におけるアルバイト・パート勤務が対象なので、クラウドワークスなどで案件を受注する在宅ワーク主婦は年収130万円を意識しておけばOKでしょう。

 

「年収130万円」といっても、月額なのか年収なのかで話が変わってきます。

月額なら約10万8千円が上限となります。

 

わたし
ちょっと案件がたてこんだら超えてしまいそう。でも、毎月稼げる保証はないし……調整が面倒ですね。

 

これも組合や共済の規定によってさまざまかとは思いますが、おもなパターンは3通り。

  1. 年収が130万円を超えたらNG
  2. 一度でも月収が10万8千円を超えたらNG
  3. 一定期間(3ヵ月など)の月収の平均が10万8千円を超えたらNG

 

アルバイト・パートなどの給与所得は(3)、事業所得は(1)に該当するのが一般的でしょう。

同じ在宅ワークでも、「時給・月給による支払い」と「納品数ごとの支払い」とでは扱いが変わるかもしれません。

こちらも共済・組合に問い合わせるなどして規定を確認するのが確実です。

 

わたし
わたしの場合、確定申告時の所得が130万円を超えたらNGというルールになっていました。年単位で調整できるのでよかったです!

 

 

社会保険上の扶養では、経費・控除で収入を調整できない!

注意したいのが、社会保険上の扶養と税法上の扶養では「所得」の扱いが違うということ。

税法上の扶養では、収入から経費や青色申告の控除を引いて、所得を減らすことが可能です。

 

一方、社会保険上の扶養は基本的に収入=所得として判断されると思っておくべき。

経費は引けるものもありますが、仕入れ代など仕事上絶対に必要な最低限のものだけ。

カフェ代や書籍費、セミナー代などはNGとされている場合があるため、在宅Webライターなら経費はほぼゼロになりそうです。

 

わたし
「130万円をオーバーしたら、経費を増やせばOK!」という都合のいい話はないようです……

 

 

在宅ワーク主婦が130万円の壁を超えたらどうなる?

在宅ワーク主婦が年収130万円を稼ぎ、社会保険上の扶養を外れたら国民健康保険と国民年金保険料の支払いが必要です。

いくら負担が増えるのか、働き損のラインはどこなのか調べてみました。

わたし
税法上の扶養も外れたら、所得税・住民税の負担も。旦那が受け取る扶養手当や控除もなくなってしまいますが、これらの負担はここでは考えないことにします!

 

国民年金保険料で約20万の負担増

社会保険上の扶養となっている「国民年金第3号被保険者」は、国民年金保険料の支払いはいりません。

扶養を抜けて「国民年金第1号被保険者」となると、毎月の保険料は16,410円です。(※令和元年度)

まとめて前納すれば割引が受けられますが、そうでない場合1年間に196,920円の負担増となります。

 

わたし
パートの勤務先で社会保険に加入すると「厚生年金」に入ることになり、将来の年金額が増えます(いわゆる二階建ての保証)。一方、国民年金に金銭的なメリットはとくにないようです……

 

国民健康保険料で約16万円の負担増

国民年金保険料は市によってさまざま。

たとえば長野市は、以下のように保険料率等が決まっています。

 

医療分支援金分介護分
所得割8.2%2.8%2.6%
均等割17,760円6,240円8,760円
平等割19,680円7,560円7,080円

 

わたし
「所得割」は所得に応じて負担が増える……という仕組み。収入から必要経費や基礎控除(33万)を引いたものが所得となります。
収入が131万円の場合、所得は最大98万円。わたしの条件(一世帯・一人分・40歳以下)で計算してみると……

医療分:80,360円+17,760円+19,680円=117,800円

支援金分:27,440円+6,240円+7,560円=41,240円
合計:159,040円
年間の支払額は、約16万円です。
ちなみにこのケースで青色申告特別控除(65万円)を適用した場合は所得が最大33万円となり、年間の支払額は87,540円に減ります。
社会保険料の負担を減らすためには、青色申告は必須ですね。

 

詳しい計算方法はこちらにまとめています!
退職後の国民健康保険税が高い!軽減の申請をしたらいくら安くなる?

 

 

社会保険上の扶養を抜けたら手取りは約95万円に

在宅ワーク主婦がギリギリのライン(131万円)で社会保険料の扶養を抜けたら、

  • 国民年金保険料:約20万円
  • 国民健康保険料:約16万円(青色申告したら約9万円)

これらの支払いが必要になり、1年間で最大36万円の負担増というわけです。

 

社会保険料を支払ったら、手取りは95万円となってしまいます。

(ここでは計算しませんが、さらに税金の負担も……)

 

わたし
まさに働き損。130万円超えるかどうか……というラインなら、調整するのが賢明でしょう。

 

手取りが130万円を超えるにはいくら稼げばいいのか

では、働き損のラインをクリアするのはどこでしょうか?

131万円を超えると36万円の負担増ということで、単純に考えて160万~170万円かせげばよさそうです。

 

国民年金保険料(年間約20万円)は収入によって変動しないので、考えるのは国民健康保険料の負担のみ。

国民健康保険料を計算してみると、年収160万円で約19万円、年収170万円で約20万円でした。

 

手取りが130万を超えるには、年収170万円を稼ぐ必要があるという結果です。

なお、青色申告特別控除を利用すれば、年収165万円で手取り130万円を残せます。

 

わたし
ただしこれはあくまで社会保険上の手取り。税金がひかれることを考えると、年収180万円でやっと手取り130万円が残るといった具合でしょう。

 

 

まとめ

在宅ワーク主婦が社会保険上の扶養を抜けると、1年に約36万円の負担増という計算結果になりました。

さらに、扶養を抜けてから手取り収入を130万円まで回復するには、年収が170~180万円ほど必要。

 

131~180万円のラインは働き損になる可能性が高いです。

月収15万円以上稼ぐのが難しそうなら、扶養内を意識して仕事量を調整するのがよいですね^^

 

わたしはもう少し仕事量を増やせば年収130万円を超えられそうだな……と感じています。

しかし、「扶養のため」と仕事量を調整するのはどうなのでしょう。

かえって将来的な収入のチャンスを逃してしまいそうで不安です。

 

在宅ワーク主婦が扶養範囲を超えて収入を増やすなら

  1. 月収15万円以上を目指す
  2. 社会保険(厚生年金)に入れるパートとかけもちする

この2択でしょうか。

どちらがよいのか、ゆっくり考えてみようと思います。

 

Twitterで更新情報をお届けします