会社の人間関係が辛い。在宅フリーランスへの憧れと現実との差

アフィリエイターやブロガーなどとしてお金を稼ぐ「在宅フリーランス」になりたいという方は意外と多いと思います。

 

いいですよね、在宅フリーランス。

まず言葉の響きからして高等遊民感が漂います。

家にいて、自由。最高ではないでしょうか。

 

でも、実際のところ「在宅フリーランス」って安定感には欠けるし、サラリーマンと同じくらい稼ごうと思うと大変です。

 

この記事では「在宅フリーランス」で稼ぐメリットとデメリットについてわたしの考えていることをまとめています。

 

  • 在宅フリーランス(アフィリエイター・ブロガー)になりたいな…
  • 会社辞めてしまおうかな…

という方に「待った!」をかける記事になっています。

 

 

「在宅フリーランス」のメリット・デメリット

人間関係の悩みが減る

 

在宅フリーランスは「会社の人間関係がつらい」と悩んでいる方にはもってこいの働き方だと思います。

いや、わたしのことなんですけどね。

会社はいろんな考え方のひとがいて、価値観が合わないことの方が多いのでストレスがたまります。

 

会社での仕事って「作業×人間関係」です。

いくら作業が早くてミスせずにタスクをこなせたって、人間関係が苦手だったら仕事はつらいです。

 

その点、「在宅フリーランス」なら仕事がほとんど「作業」だけで完結します。

人と関わるにしてもメールのやりとりだけで完結させることも可能です。

 

パソコン一台で始められる

「在宅フリーランス」としてお金を稼ぐ仕組みはさまざまですが、手軽に始められるのはライティングです。

 

  • アフィリエイト(ブログやサイトの記事作成+商品紹介)
  • クラウドワークスなどを利用した記事作成の委託事業

 

どちらも家にパソコンがあれば始められます。

 

クラウドソーシングは作業した分だけお金になります。

一方、アフィリエイトは紹介した商品が売れないとお金になりません。

 

「じゃあクラウドソーシングのほうが効率的じゃない?」と思いますが、伸びしろがあるのはアフィリエイトのほうです。

ほんの一部ですが、なかには月に100万円以上稼いでいる方もいるそうです。

 

 

収入を安定させるのが大変

 

しかし、「家で作業して月100万!?じゃあ会社今すぐやめてアフィリエイト一本でやっていこうかな」と考えるのはちょっと時期尚早です。

 

月に100万円は「不可能ではない」というレベルの話で、誰でもできるわけではありません。

実は、アフィリエイト月に1万円稼げたら上位数%に入るといわれています。

適切な努力を根気強く続けないと、アフィリエイトで会社員並みの月収を稼ぐことは難しいです。

 

安心安全なのは、会社で働くのと並行してアフィリエイトやブログ、クラウドソーシングに挑戦すること。

いわゆる「副業」としてがんばって、本業が超えるめどがついてから会社を辞めるというのが理想的な流れです。

 

 

在宅フリーランスになれない私の話

わたしは在宅フリーランス」へのあこがれがめちゃくちゃ強いです。

会社の人間関係が苦手で、「ひとりで仕事ができたらいいな~」と日々思っているような人間なので。

 

お金が稼げなくなるのは怖いから、副業で「ブログで稼ぐ」に挑戦しています。

しかしはっきり言って、まったく成果が出ていません。

本業を超えるなんて、今のままでは絶対にムリです。

 

「ブログで稼ぐ」にはやるべきタスクが山のようにあります。

記事の作成、リライト(記事の書きなおし)、アフィリエイト案件の調査、いい記事を書くためのノウハウの吸収…ほんっとに、やるべきことがたくさんあるのに、まったくできていません。

 

タスクばかりが増えてゆき、何から手を付けていいかわからないです。

ある程度まとまった時間がないと、「稼げるブログ」を更新するのは大変です。

体感として、1日に3時間は欲しいです。2時間だと足りない。

 

最近の私の考えは「会社やめたいからブログがんばる」から「ブログ(がんばりたいから会社やめたい」「ブログがんばりたいから早く休みにならないかな」に変わりつつあります。

 

もうよくわかりません。

このままでは休息の時間がどんどんへっていってしまいます、それもまた問題。

とにかく言いたいのは、「稼げるブログ」を作るのは仕事の片手間では難しいよってことです。

 

 

まとめ

副業で「在宅フリーランス」を成功させるには、時間がほんとに足りません。

やりたいことができていない消化不良の状態もつらいです。

「会社をやめてブログに集中したい」というのが本音です。

 

ただし、ブログだけではいつ収入が安定するのかさっぱりわかりません

作業量を増やしたところで成果がすぐに表れるというわけではないからです。

 

いつになるかわかりませんが、会社をやめたら、作業分だけお金になるクラウドソーシングとブログの掛け持ちで頑張りたいなと思います。

 

>> 日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」

Twitterで更新情報をお届けします