おからパウダーで増える?「痩せホルモン」アディポネクチンって何?

テレビ番組で話題になった「おからパウダーダイエット」で痩せる理由として、「おからパウダーを食べると体内の痩せホルモンが増加するから」と紹介されていました。

 

「痩せホルモンってなに?」と疑問に思いませんでしたか?

 

わたしも気になったので調べてみました!

 

この記事では、「痩せホルモン」といわれるアディポネクチンの正体や、体への影響についてまとめています。

 

 

 

「痩せホルモン」のアディポネクチンとは?

「痩せホルモン」や「長寿ホルモン」と呼ばれているのは、「アディポネクチン」というホルモンのようなはたらきをする物質です。

体の中で、脂肪組織から分泌されています。

 

「痩せホルモン」のはたらきは?

「アディポネクチン」についての研究結果からて、体によい影響を与えることが明らかになってきています。

 

血糖値の高低により、「アディポネクチン」が食欲を調整する作用が切り替わることを世界ではじめて発見した。空腹で血糖値が低い時にアディポネクチンを脳に投与すると、食欲が抑えられ食事の摂食量を減らせるという。

引用:「アディポネクチン」が食欲を抑える 血糖値が高いと作用が切り替わる | ニュース・資料室 | 糖尿病ネットワーク

 

「アディポネクチン」は、生活習慣病の予防・改善に期待されています。

 

逆に、アディポネクチンが分泌される量がへる「低アディポネクチン血症」になると、動脈硬化や糖尿病、ガンなどになりやすくなるそうです(>_<)

 

 

「痩せホルモン」が出なくなる原因は?

「アディポネクチン」の特徴は、内臓脂肪が多い人ほどアディポネクチンの分泌が少ないということです。

いわゆる逆相関ですね。

 

脂肪組織からでるのだから、脂肪組織が多いほど増えそうな印象ですが、アディポネクチンは「脂肪をたっぷり蓄える前のちいさな脂肪組織」からたくさん出ているという説が有力です。

 

 

内臓脂肪が多くなるとアディポネクチンの分泌がへり、運動などにより内臓脂肪を減らすとアディポネクチンの分泌が増えるという研究結果があります。

 

 

アディポネクチンの分泌を増やすには、内臓脂肪を減らすのが近道ですね❤

 

 

「痩せホルモン」はおからパウダーで増えるの?

おからパウダーダイエットでは、「おからパウダーを食べると痩せホルモン(アディポネクチン)の分泌が増える」と紹介されていました。

 

豆の成分である「βコングリシニン」に注目した研究において、

・βコングリシニンがアディポネクチンの分泌を増やした(※動物実験)

・βコングリシニンは中性脂肪の高い人にのみ作用した

という結果が報告されています。

 

大豆製品である「おからパウダー」にアディポネクチンの分泌が増やす効果を期待できる一方で、内臓脂肪が蓄積していない(アディポネクチンが問題なく分泌されている)人には効果がないと考えられます。

 

 

 

 

まとめ

おからパウダーダイエットで「痩せホルモン」が増えるとテレビで紹介されていたので、痩せホルモンのアディポネクチンについて調べてみました。

 

簡単にまとめますね。

  • アディポネクチンは脂肪細胞から分泌されるホルモンのような物質
  • アディポネクチンは生活習慣病の予防・改善に期待されている。
  • アディポネクチンは内臓脂肪が増えると分泌がへり、内臓脂肪をへらすと分泌が増える。
  • 大豆に含まれる成分がアディポネクチンを増やすという研究結果がある
  • 中性脂肪が高い人にだけ効果があったという研究もあり、万人に効果的とはいえない点に注意!

 

実際に調べてみると、おからパウダーだけで「痩せホルモン」を増やすには限界があるという印象です(>_<)

 

運動や食事内容に気をくばって、しっかりと内臓脂肪を減らす努力をしましょう❤

 

内臓脂肪を効果的に減らすには、有酸素運動がおすすめです。

階段の上り下り運動など、空き時間にできるものから試してみてください(・o・)❤

Twitterで更新情報をお届けします