在宅Webライターのタイムスケジュール公開【45分作業→15分休憩】

在宅Webライターは時間の融通がきく働き方ですが、自分で自分の時間管理をすることが大前提です。

昼間でだらだらと寝たり、納期前に徹夜するのでは生活リズムがくずれてしまいます。

 

わたしは自分なりにタイムスケジュールを決めてから、ライティング作業に集中できるようになりました!

この記事では、在宅Webライター歴3ヵ月のわたしのタイムスケジュールを公開します。

 

同じ在宅Webライターの方の参考になれば幸いです^^

 

在宅Webライターのタイムスケジュール公開

 

↑こちらは先月考えたタイムスケジュールですが、やっているうちに時間が変わってきました。

現在は以下のようなタイムスケジュールで在宅ライティング作業をしています!

 

ライティングは原則午前中だけ!

7:00-起床・朝食・家事
7:50-作業開始
12:00-昼食
13:00-フリータイム
18:00-家事・夕食作り
19:00-夕食・お風呂
20:00-フリータイム
23:00-就寝
さまざまな「時間管理」についての本を読んで決めたスケジュールです^^
どの本にも「集中力が高いのは朝!」と書かれていたので、午前中にライティング作業を集中しておこなっています。
午後は読書をしたり、買い物や散歩に出かけたり、のんびりブログを書いたりしています。
ほんとうは7時から作業をはじめたいのですが、冬は寒くてなかなか起きられず…
一時間あとにずらしてタイムスケジュールを組みなおしました^^;
自分に甘くできるのも、在宅ライターの特権です♪

45分作業したら15分休憩する

7:50から12:00まで約4時間、ぶっとおしで作業をしているわけではありません。

作業時間の細かいスケジュールはこちら。

 

7:50-TODOリスト作成

8:00-作業開始

8:45-休憩

9:00-作業再開

9:45-休憩

10:00-作業開始

10:45-休憩

11:00-作業開始

12:00-作業終了

 

わたしは「集中力が続くのは45分程度が限界」と自覚しているので、45分作業をしたら15分程度休憩をはさみます。

45分を1タームとして、ストップウォッチで測って管理します。

 

時間をはかることで集中力がより上がりますし、「この作業には2タームは必要だな」など、作業にかかる時間や自分なりの時間単価の相場もつかめますよ。

 

スキマ時間にはからだを動かす

作業と作業のあいだの休憩時間は、だらだらとするのではなく、体を動かすように心がけています。

 

  • 家事(そうじ、洗濯)
  • 筋トレ
  • トイレ休憩

などなど。

 

作業中は座りっぱなしなので、放っておくと運動不足になります…

意識的に動けば、気分もリフレッシュできますよ♪

 

スキマ時間に家事をおこなうのはとくにオススメ。

集中力が高い朝のうちに作業をはじめれば、「家事が終わらないから作業を始められない」というストレスがなくなります。

 

 

まとめ:時間管理術を学んでライティングの効率アップ!

在宅Webライター歴3ヵ月のわたしのタイムスケジュールのポイントをまとめました。

 

  1. 集中力が高い午前中にライティングを終わらせる
  2. 45分作業したら15分休憩をはさむ
  3. 休憩中は、家事や運動でリフレッシュ

 

「作業は午前中」と決めることで、午後は自分の好きなことを思い切りできるようになりました。

このスケジュールが誰にでもあうというわけではありませんが、時間管理術を学べば快適に在宅のお仕事ができるのは間違いありません。

 

わたしが時間管理術を学んだ本を2つご紹介しておきますね。在宅ワークの効率を上げたい方は、ぜひ読んでみてください。

どちらもベストセラー。一読する価値ありです^^

 

 

 

 

 

 

 

Twitterで更新情報をお届けします