結婚式の延期・中止も。コロナウイルスの影響について思うこと

コロナウイルス感染が拡大しているなか、結婚式の延期・中止を検討している人も少なくないようです。

不特定多数の人が集まる披露宴はとくに不安に感じますよね……

わたし
わたしは5月挙式なのですが、延期・中止すべきなのかも……と悩んでいます。

この記事では、結婚式の開催とコロナウイルスの影響について、「新型コロナウイルス感染症対策の基本方針」をふまえてわたし個人の考えを書いていきます。

結婚式とコロナウイルス。キャンセルするべき?

結婚式は感染が広がりやすい?

コロナウイルスはどんな環境で感染するのか、現段階ではハッキリしていません。

感染力は事例によって様々である。一部に、特定の人から多くの人に感染が拡大したと疑われる事例がある一方で、多くの事例では感染者は周囲の人にほとんど感染させていない。

引用:新型コロナウイルス感染症対策の基本方針

周囲への感染事例は多く見られない、と書かれている一方で……

閉鎖空間において近距離で多くの人と会話する等の 一定の環境下であれば、咳やくしゃみ等がなくても 感染を拡大させるリスクがある

引用:新型コロナウイルス感染症対策の基本方針

環境によっては感染のリスクがあるとのこと。

「不特定多数の人と会食する」「密室での開催」という条件からいえば、結婚式はリスクが高いといえるでしょう。

 

結婚式は中止・延期すべき「イベント」なの?

イベントの開催について、以下のような指針が出ています。

イベント等の開催について、現時点で全国一律の自粛 要請を行うものではないが、専門家会議からの見解も 踏まえ、地域や企業に対して、イベント等を主催する際 には、感染拡大防止の観点から、感染の広がり、会場の 状況等を踏まえ、開催の必要性を改めて検討するよう 要請する。

引用:新型コロナウイルス感染症対策の基本方針

 

現段階では「自粛要請を行わない」「検討を要請」にとどまっています。

そもそも結婚式は「イベント」の規模に該当するのでしょうか……?

 

わたし
いずれにしても、もっと明確な指針を出してほしいです……

 

 

結婚式のキャンセル料は免除される?

自分たちの結婚式でゲストがコロナウイルスに感染してしまった……という万が一の事態を避けるためには、結婚式を中止・延期するのが妥当な判断です。

ただし、式場都合ではなく「コロナウイルスが不安だからキャンセルする」という考えで中止・延期する場合は、相応のキャンセル料が必要となるのが一般的なようです。

 

直前の時期だと、キャンセル料=見積金額の全額となる場合も。

式場が配慮してくださるとよいのですが、経営面を考えると厳しいですよね。

 

わたし
まだ先行きがハッキリと見えないなかで、結婚式のキャンセルを決断するのは難しいのが正直なところです。

 

 

終息はいつ?延期は何月が妥当?

結婚式を延期する場合、何月にしたらよいのかもハッキリしていません

コロナウイルスの終息の見通しはなく、「4月・5月には終息する」「4月・5月がピーク」とさまざまな意見があります。

結婚式以外のイベントの開催状況を見ていると「5月に延期」というケースが多く見られます。

 

わたし
「暖かくなる5月ならOK」という認識が一般的なのでしょうか?

 

新型のウイルスなので、いつ終息するかは誰にもわからないのが実情です。

春になったらマシになるかもしれないし、月日がたつにつれどんどんひどくなるかもしれない……

「早めにしておいたほうがマシだった」となる可能性もゼロではないですよね。

 

また、自分たちが感染して重傷となるおそれもあります。

「フォト婚など、小規模開催でも元気なうちにやっておく」というのもひとつの選択肢ですね。

 

 

まとめ

「コロナウイルスの感染を防ぐためには結婚式を延期・中止するべき」という意見はもっともだと思います。

一方で高額なキャンセル料や先行きの見えない現状からは、中止・延期を決定する覚悟が持ちづらいのが現状です。

予定通り開催する場合は、コロナウイルスを不安に思うゲストの欠席が目立っても仕方がないと思います。

 

わたしは5月挙式予定ということもあり、現段階では予定通り準備を進めています。

とはいえ今後の状況によっては、中止となるかもしれません。

最終決定の目安はゲストの出欠連絡が揃う4月ごろかな……と考えています。

状況に応じて、式場とも相談していきます。

Twitterで更新情報をお届けします