コロナウイルスで結婚式自粛ムード。5月挙式を延期するか迷う

 

コロナウイルスによる自粛ムードが延期になり、さらに先行きが見えなくなりましたね。

結婚式も「自粛が正解」というムードがただよっていて、5月挙式を控えているわたしとしては悩みの種です。

結婚式を延期するのか、決行するのか……現時点でのわたしたちの考えをまとめていきます!

5月の結婚式を自粛するか悩む!

結婚式の自粛はいつまで?

現在、3月19日までコロナウイルス対策として大型イベントを自粛することが要請されています。

結婚式が「大型イベント」になるのかは規模によりけりですが、家族挙式でない場合は自粛(延期やキャンセル)と決断している方が多い印象です。

 

この自粛をやめるのはいつになるのか、まだハッキリとわかっていません。

「19日以降は自粛しなくてOK」となるのか「19日以降も引き続き自粛を要請」となるのかは、状況しだいといったところでしょう。

5月はどうなっているのか……誰にもわからず、5月挙式はどうするべきなのか悩みます。

 

「5月はまだコロナウイルスのピーク」という意見もあれば、「3月挙式を5月に延期した」という方もいます。

いったいどうすればいいのでしょう……?

 

ゲストは延期を望んでる?

ネットの意見を見ていると、「この時期の結婚式は延期してほしい」というのがゲストの正直な意見のようです。

「出席するよ!」「楽しみ!」と言ってくれる方もいますが、不安がゼロというわけではないでしょう。

 

わたし自身、4月挙式に招待されていたのですが、ビュッフェ形式と聞いていたので不安でした。

出席はするつもりでしたが、やむなく延期されてどこかほっとしました。

 

コロナウイルスが終息していない時期に結婚式をあげるのがダメというわけではないものの、ゲストの招待にはしっかりと気を配る必要があります。

会社や家族の都合でどうしても出席できない……という方もいるため、想定していたよりゲストが減ることは仕方がないことだと思います。

 

予定通りできるのが一番いい

この先年単位のスパンで自粛ムードが続くなら、予定通りやってしまいたいというのが本音ですが、結婚式は自分だけのものではありません。

客観的に見れば「延期が妥当」です。

 

ただ、「いつ終息するか」がハッキリしていないのに、延期時期を決めるのは難しい。

延期に延期を重ねることになるのはちょっと……と思います。

今後しばらく結婚式ができそうにないなら、小規模開催やキャンセルも視野に入れる必要がありますよね。

 

 

わたしの結婚式準備の進行状況や自粛の対応について

予定通りの準備をしています

期待薄ですが、5月には自粛する必要がなくなっている可能性はゼロではありません。

現状では予定通り結婚式をおこなうものとして、準備をすすめています。

 

いまは招待状の返事を待っている段階です。

「出席する」とこれまでに言ってくれたゲストに招待状を送付していますが、コロナの影響で欠席に変わる人もいるかな……と覚悟しています。

 

自粛要請が出たら延期する

旦那と話し合い、5月も自粛要請が出ることになったら結婚式を延期することにしました。

式場に確認すると、政府からの自粛要請がでたら延期にかかる料金はとらない可能性が高いとのことで、ありがたいです。

 

判断時期は4月ごろでしょうか?

次の打ち合わせで確認したいと思います。

 

まとめ

コロナウイルスで結婚式を自粛するかどうか、とても悩みます。

「延期してほしい」とゲストが思っているなかで決行するのは気持ちのいいものではないですよね。

とはいえ、延期するにしても「何月に延期すればいいのか」は誰にもわかりません。

ずるずると延期を引きずるくらいなら、自分たちだけ、両親だけ……といったように、ゲストを減らして決行したほうがよいのかもしれませんね。

Twitterで更新情報をお届けします