「ベジファス」を管理栄養士が食べた感想。野菜嫌いな女性におすすめ!

「野菜のおかずを最初に食べると太りにくくなる」といわれています。

野菜にたくさん含まれる「食物繊維」には、脂肪と糖の吸収を抑えてくれるはたらきや、おなかのなかで水分を吸って膨らみ、空腹感を抑えてくれるはたらきがあるからです❤

 

でも・・・あなたはこんなふうに悩んでいませんか?

 

「ダイエットするために大切なのはわかってるけど、野菜ってニガテ!」

「野菜は高いから、なかなか毎食たっぷり食べるのは難しい・・・」

 

その悩みは、「ベジファス」という食物繊維たっぷりのゼリーを食べることで解決できるかもしれません(・o・)❤

 

この記事では、「ベジファス」の特徴と、わたしが実際に食べてみた感想をまとめています。

 

  • ダイエットに必須の野菜を食べるのが苦手…と悩んでいる方
  • ダイエットに役立つ「食物繊維」を無理なく摂取する方法が知りたい方

にオススメの記事となっています❤

 

 

「ベジファス」は食物繊維が5gとれるゼリー

f:id:migaruhack:20190428162308j:plain

 

「ベジファス」とは、食事の前に野菜成分をたっぷり食べる食事法「ベジタブルファースト」が手軽に出来るスティックゼリーです。

 

脂肪・糖の吸収を抑えて、食後の中性脂肪・血糖値の上昇をおだやかにする作用をもつ難消化性デキストリンを含む「機能性表示食品」として登録されています。

 

「難消化性デキストリン」って聞きなれない成分かもしれませんが、「食物繊維」の一種です。

食物繊維はふだん食べている野菜・果物に含まれています。

アヤシイ成分じゃないのでだいじょうぶです❤

 

ベジファス1本には、食物繊維が5g含まれています。

 

食物繊維の摂取目標量は、成人男性で一日に20g以上、成人女性で一日に18g以上です。

ベジファス1本を食べれば、一日に必要な食物繊維の25%を摂取することができます。

 

実は、成人の食物繊維の摂取量の平均は14.5gと不足気味です。

ベジファスで5gの食物繊維をプラスできれば目標量を達成できることになります❤

 

 

「ベジファス」を実際に試してみた!

f:id:migaruhack:20190428162303j:plain

 

「ベジファス」はこんなパッケージで届きます。

 

f:id:migaruhack:20190428162307j:plain

 

開いてみると、5袋ずつ仕切りがしてあって、合計15袋入っています。

一日ぶんずつ小分けになっているので、外出先へ持ち歩けます(・o・)❤

 

ベジファスを開けてみました。

開けるときに汁がでるので、目に入らないように注意です!

f:id:migaruhack:20190428162310j:plain

 

全部出してみました。

写真では暗めにうつってしまっていて、実際はもっと黄色いです。レモンゼリーのような色。

f:id:migaruhack:20190428162312j:plain

 

味は酸っぱめのレモンゼリーみたいで食べやすい

ベジファスを実際に食べてみると、ちょっと酸っぱいレモンゼリーのような味わいでした。

一瞬「すっぱ!!」と思いましたが、あと味はスッキリとしておいしかったです。

ゼリー部分ではなく、汁の酸っぱさが強いのかな?と感じました。

 

わたしはあまり酸っぱいのは得意ではないですが、おいしく食べられました。

「レモンが食べられない」という人以外は、味は問題ないと思います❤

 

おなかが膨れて、ドカ食い&間食をせずにすんだ!

わたしはお昼ご飯の準備前にベジファスを食べてみました。

お昼ご飯を食べるのが少し遅れてしまったのでかなりおなかが空いていて、おいしく食べることができました。

 

いざお昼ご飯の準備が終わって食べ始めようとしたら、なんだか満腹感を感じました。

そして驚くべきことに、ゲップがでてしまったのです(汚い話でごめんなさい)。

食物繊維には水分を吸って膨張する作用があるので、その恩恵かな?

 

ベジファスを食べて食物繊維をたっぷりとっておくことで、食事をする前の空腹感が抑えられるように感じました。

 

昼食の後は満腹感がいつもより続いて、間食をせずに夕食までおなかがもちました(・o・)❤

 

「ついおかわりをしてしまう」とか「おなかがすくから、間食がやめられない」という方にとって、ベジファスはとても効果的だと思います。

 

わたしは仕事が終わって夕食までの時間、おなかがすいておやつをパクパク食べてしまう癖があります。

これからは帰宅したタイミングでベジファスを食べて、空腹感をまぎらわそうと思います❤

 

 

ベジファスの詳しい情報は公式サイトでチェック!

【ベジファス】で無理な食事制限とサヨナラ!



 

「ベジファス」の詳しい情報

原材料・栄養成分

ベジファスの原材料は、以下の通りです。

  • 難消化性デキストリン(食物繊維)
  • シークワーサー果汁
  • 野菜・野草・果汁混合発酵液(糖蜜、黒砂糖、ヨモギ、ウコン、その他)
  • 果実酢
  • 酸味料、ゲル化剤(増粘多糖類)、甘味料(ステビア)

 

ベジファス1本あたりの栄養成分は下記の通りです。

エネルギー 9.6キロカロリー
たんぱく質 0.02g
脂質    0.02g
炭水化物  6.9g(糖質0.89g、食物繊維6.01g)
食塩相当量 0.04g

 

 

ベジファスの価格は1日当たり200円

「ベジファス」の価格は、1か月分(30本)が6000円、1日当たり200円です。

 

「ちょっと高いかも・・・!?」と感じた方も多いのではないでしょうか??

 

でも、野菜って高いものです(>_<)

食物繊維をたっぷりとるにはお金がかかります。

 

コンビニでサラダを一食分買おうとしたら、300円近くかかってしまいます。

たとえば「ローソンの緑黄色野菜のサラダ」は330円なので、30日間食べると9900円もかかってしまいます。

 

コンビニのサラダと比べると、ベジファスのほうが約3300円もお得です(・o・)❤

 

 

ベジファスは野菜サラダより低カロリー

ベジファス1本分でとれる食物繊維は5gですが、レタス2個分に相当します。

 

この量の野菜をおいしく食べるには、ドレッシングなどの調味料をしっかりかけないと厳しいです(>_<)

野菜のカロリーに神経質になる必要はありませんが、ドレッシングは「油そのもの」なので注意しないといけません。

 

その点、ベジファスは1本あたり「9.6キロカロリー」と低カロリーです。

普段の食事にプラスしても気にならないので、カロリーコントロールをしている方でも安心ですよね❤

 

 

ベジファスの初回1か月分は「50%オフ」で試せてお得!

ここまでベジファスの特徴やオススメポイントをまとめてきましたが、やはり健康食品にいきなり6000円を使うのってちょっとためらいますよね(>_<)

 

そんな人でも「お試し」ができるように、ベジファスは初回1か月分を「50%オフ」の2980円で購入することができます!

また、送料は無料です(・o・)❤

 

「1か月分は半額だけど、そのあとずっと定期購入しないとダメ・・・」という健康食品のネット購入にありがちな謎の縛りもありません。

安心してお試しができますよ!

 

ベジファスの初回お試し購入はこちらの公式サイトからできます。

【ベジファス】で無理な食事制限とサヨナラ!




 

管理栄養士の私がベジファスをおすすめする理由

私は管理栄養士の資格を持っていて、栄養バランスのいい献立をたてるお仕事を実際にしています。

私の職場では「栄養バランスの良い献立」というのは、1か月分の献立の栄養計算の平均値が「食事摂取基準」を90%以上満たしている献立と定義しています。

 

食物繊維たっぷりの食材(ごぼうやお豆など)の量を増やした献立を机上でたてるのは簡単ですが、残さず食べてもらうのは難しいです。

毎日きんぴらごぼうってしんどいですよね?

豆たっぷりのスープも食べにくいですよね?

「固いもの」「モソモソしたもの」に食物繊維が豊富なので、食べやすさと栄養計算の兼ね合いが大変です。

 

そんな食物繊維をゼリーでちゅるんと一瞬で5gも摂取できるベジファスは、忙しいけど健康も気になる現代人にぴったりだなと思います❤

 

 

 

まとめ

最後に、「ベジファス」を実際に食べてみた感想をまとめておきますね。

 

  • ベジファスはレモン味でおいしく食べられた。
  • ベジファスを食べると、空腹感がまぎれてドカ食いを抑えられた!
  • 食事をしたあとには満腹感が続き、間食を食べずにすんだ!

 

食事の前に食物繊維をたっぷりとることで、こんないい効果を実感することができました。

 

「ベジファス」は血糖値・血中脂肪のコントロールに悩んでいる人だけでなく、「カロリーコントロールをがんばっているけどなかなか続かない・・・」というダイエッターの助けになると思います❤

 

興味がある人は、ぜひチェックしてみてください。

初回1か月は半額の3000円で購入することができますよ!

 

ベジファスの初回お試し購入はこちらの公式サイトからできます。

【ベジファス】で無理な食事制限とサヨナラ!



Twitterで更新情報をお届けします