「痩せたいから朝食抜き」がおすすめできない理由

「ダイエットのために朝ごはんは抜き」

「朝の時間に余裕ができて一石二鳥」

 

こんなふうに痩せるために朝ごはんを食べていないという方は少なくないのではないでしょうか?

確かに朝ごはんをガマンすれば、一日の摂取カロリーは減るので痩せられる気がしますね。

 

でも最新の研究では「朝食を抜くと太りやすくなる」と示されたそうです(>_<)

 

この記事では、朝食を抜くのがNGな理由とオススメの朝ごはんについて、現役栄養士のわたしがまとめていきます❤

 

[outline]

 

朝食抜きでダイエットは太る?

 

「時間栄養学」の研究をされている名古屋大学の研究グループが「朝食を抜くと太りやすくなるメカニズム」を実験で明らかにされたそうです。

 

実験の概要

  • 餌があればずっと食べ続ける習性をもつ「ラット」での実験。
  • 餌の量は同じ(=カロリー摂取量は一定)
  • 起床後すぐに餌を食べられるラット(=朝ごはんを食べる人を想定)と、起床後4時間後(=朝を抜いて、そのぶん昼ごはんを食べる人を想定)から餌を食べられるラットを比べた。

 

実験結果(ニュースを引用)

実験の結果、後者のグループのラットは通常より平均約7~8%体重が増加。

肝臓を遺伝子レベルで比べたところ、後者は体内時計をつかさどる時計遺伝子の働きに約4時間の遅れが生じ、体温の高い時間が短くなっていた。

体内時計が狂い、活動時間が少なくなることでエネルギー消費が減り、体重が増えたと考えられるという。

 

引用:「朝食抜きは太る」解明=体内時計狂いが原因―名古屋大(時事通信) – Yahoo!ニュース

 

摂取カロリーが同じならば、朝ごはんを抜いたラットは太りやすいということです。

原因は、「体内時計」ですね。

 

 

ダイエット中も朝ごはんを食べよう!

まだ動物実験の段階なのでヒトも同じだとは言い切れません。

でもラットと同じように「朝ごはんを抜くと太りやすい」可能性はあるので、ダイエットのために朝ごはんを抜くのは控えたほうがいいでしょう。

 

「どうしてもダイエットのために朝ごはんを抜きたい!」という方は、一切なにも口に入れないのではなく、「食べればおなかが目覚めだす Fiber-Rich NUTS GRANOLA」など健康によい低カロリーの食品を活用するのがおすすめです❤

 



 

Twitterで更新情報をお届けします