新婚2人暮らしの生活費、予算の決め方を紹介!節約は2カ月目からがおすすめ

新婚生活は楽しいものですが、お金のやりくりに悩んでいるという方は少なくないのではないでしょうか。

 

結婚前に同棲をしていたらある程度生活費の目安がわかるものですが、いままで1人暮らし・実家暮らしをしていたというカップルは「毎月いくらかかるの?節約は必要?」と悩みますよね。

 

この記事では、わたしの新婚生活1か月目の家計簿と予算配分を公開します。新婚生活に必要な生活費(食費・日用品・雑費・光熱費などなど)の参考になれば幸いです。

 

新婚2人暮らしに必要な生活費はいくら?

新婚一か月目の家計簿を公開

新婚一か月目、二人暮らしのわたしたちの家計簿をまとめてみました。

 

固定費

家賃45000円
光熱費(水道代・ガス代)9000円
通信費(スマホ・Wifi・電気代)17000円

合計で71000円です。

 

変動費

食費・日用品費(スーパーでの買い物)30000円
外食費9000円
車代(ガソリン・駐車場・車の点検含む)17000円
交際費・旅行代・家電の購入などイレギュラーな出費75000円

合計で13万1000円です。

 

固定費と変動費を合わせると、1か月の生活費は20万2000円でした。

 

 

節約なしでも、やりくり費は3万円でいける

わたしの「家計に影響しそうな生活環境のスペック」をまとめるとこんな感じです。

  • 旦那はほぼ日中いないが、わたしは毎日家にいる
  • お風呂はわかさずシャワーのみ
  • 節約感のでる食事はイヤ、なるべくおいしいものを食べたい
  • 旦那のみ家で晩酌。
  • 田舎暮らしなので家賃は安いが車が必須

 

二人暮らしならがんばれば食費はかなり節約できると思いますが、締めすぎるとさみしくなるのであまり節約していません。スーパーで買うものをあらかじめ決めておいて、値段を比較して安いものを選ぶ程度です。

 

ふだんの買い物の「やりくり費」は細かく節約しない場合、二人暮らしなら月に3~4万円でいけそうです。

 

新婚生活二カ月目のやりくり予算

1か月目の家計簿のデータから、新婚生活二カ月目二人暮らしのやりくり予算を考えてみました。

 

固定費(家賃・光熱費・通信費)70000円
食費・日用品費(おもにスーパーでの買い物)30000円
外食費(惣菜・酒代含む)10000円
車代15000円
特別費(交際費・旅行代などイレギュラーな出費)70000円

 

 

合計19万5000円で、一か月目より7000円節約する計算です。ひとまずゆるめの節約生活を送ってみます!

 

 

新婚2人暮らしのやりくり費、予算の決め方

新婚一か月目の予算決めはオススメしない

わたしは今まで実家暮らしだったので、光熱費や食費にどれくらいかかるか全く見当もつきませんでした。旦那と相談して、1か月目の予算を組んだもののズレがかなり大きかったです…。

 

ちなみに予算はこんな感じでしたが…

  • 食費(外食含む)・日用品費:4万円
  • 車代:1万円
  • 交際費・家電の購入などイレギュラーな出費:3万円
  • 家賃・光熱費・通信費:7万円

月半ばで交際費・旅行代といった「特別費」がかさんでやりくり費を圧迫してしまい、辛くなりました。「特別費」はやりくり費とは別に考えるべきだと反省。

 

このように実際に一か月たたないと「どれくらいお金が必要なのか」がピンと来ないと思います。一か月めに予算を決めて、守れた時はともかく、予算にまったくおさまらないとやりくりする気が失せてしまいかねません。

 

一か月目は「データをとる月」だと考えて、予算の設定は2か月目から行うことをおすすめします。わたしが1か月目の家計簿をもとに、どのように予算を組んだのかまとめていきます。

 

固定費

固定費の予算決めは一番簡単です。家賃や光熱費は月々の変動はほとんどないはずなので、1か月目にかかった金額をそのまま「予算」としました。

しかし、通信費が高いのがネックなので近々大幅に改革したいと考えています。夫のスマホがauなので、格安スマホに乗り換えれば1万円近くの節約が可能(・o・)♡

固定費のムダを省くと節約効果は絶大なので、見直せるところはがっつり見直すのがおすすめです!

 

やりくり費

変動費は「毎日のやりくり費」と「イレギュラーな出費=特別費」に分けて考えます。毎日のやりくり費に含まれる出費は

  • 食費
  • 日用品費
  • 外食
  • 車代

と考えています。これらは項目ごとに予算を設定します。

 

食品と日用品は同じスーパーで買うので、予算はまとめて月に3万円とします。10日に1万円を使う計算です。ちょうど今使っている家計簿が1か月に3ページあるので、わかりやすいです(・o・)♡

 

外食は、一か月目は食費として計上していた「旦那の酒代」と「お惣菜」も含めます。外で買ってきたものをおうちで食べるいわゆる「中食」にかかったお金ですね。正直、お酒代が食費を圧迫していたので…別に分けて考えます。旦那には「外食」のためにお酒を減らしてもらえたら嬉しいです…

 

車代は1年分のデータをとって「固定費化」したいところですが、ひとまずは1か月目にかかったお金をそのまま予算にします。

 

イレギュラーな出費(特別費)

イレギュラーな出費に含まれる項目は、

  • 交際費
  • レジャー代
  • 被服費
  • 美容費
  • 医療費

などなど。「毎月かかるわけじゃない」という出費をまとめてしまっています。

 

特別費は予算を組むのが難しいです。1年ほどの家計簿データがないと、守れる予算を組めないのではないでしょうか。ひとまずは一か月目にかかった金額を予算とします。

 

特別費の余りは次月に繰り越しにしして、貯金に手を付けないようにしていきたいです。

 

 

まとめ

二人暮らし新婚生活の家計簿と予算管理についてまとめました。

1か月目から予算を決めるのは難しいので、1か月目はデータをとることに集中するのがおすすめです。新婚生活は楽しく過ごすのが一番なので、節約はほどほどにしていきましょう。節約はただしい予算が組める2カ月目から行うとよさそうです。

 

偉そうなことを書きましたが、わたしもまだ家計管理初心者です。少しずつレベルアップしていきたいです。気づいたことはブログにまとめていくので、よければ今後の記事もご覧ください^^

 

関連記事

「新婚2人暮らしの家計管理」って意外とノウハウが見つからないですよね。主婦系雑誌を見てみても、子どもがいる家族がモデルケースになっていてあまり参考になりません。 わたし自身新婚2人暮らしを始めてそろそろ一か[…]

Twitterで更新情報をお届けします