「楽天モバイル050データSIM」を1年半使った私の正直な口コミ

・楽天モバイルの契約、気になるけどどうしようかな?
・050データSIMの使用感ってどうなんだろう?
・リアルなメリットとデメリットが知りたい!

 
この記事を読んでいるあなたは、こんなふうに悩んでいませんか?
 
この記事では、楽天モバイルの050データSIMを2017年の4月から1年半使い続けている私が使用感・メリット・デメリットについて、正直にレビューしていきます。
楽天モバイルの050データSIMを契約するか悩んでいる方の参考になれば嬉しいです❤
 

 

楽天モバイル050データSIMとは?

f:id:migaruhack:20180628184628j:plain
出典:楽天モバイル料金ページ
 
「楽天モバイル050データSIM」とは、データSIMに050番号がついてくるという楽天モバイル独自のプランです。
基本的に格安SIMは「電話番号のないデータSIM」か「電話番号のある通話SIM」のどちらかのプランしかありません。
データSIMと通話SIMのメリットとデメリットは以下の通りです。
 

◎通話SIMより月額料金が安い(楽天モバイル:525円~)
×固定電話などに電話をかけられない(LINEなどアプリでの電話は可能)

 

◎大手キャリアと同じように、電話をかけられる
×月額料金がデータSIMより高い(楽天モバイル:1250円~)

 
データSIMと通話SIMのあいだをとって、デメリットを補い合ったプランが「楽天モバイル050データSIM」です。
通話SIMではないものの、050番号を用いて携帯電話や固定電話に電話をかけることができます。
月額料金は645円~です。中間の料金ではなく、データSIMよりの料金設定になっています。
 

詳しい料金は以下の公式サイトにて!

楽天モバイル050データSIMを一年半使った感想

わたしは「楽天モバイル050データSIMの3GBプラン」を契約・使用して1年半がたちます。
 
楽天モバイルを契約する前はauでiPhoneを使っていて、月に8000円以上の月額料金を支払っていました。
プランを格安に機種もandroidにしたのですが、昔と比べてまったく困ったことがありません。
おそらくiPhoneを使いこなせていなかったのだろうと思いますが…笑
 

通話の音質はあまりよくない

楽天モバイル050データSIMの最大の特徴、「050番号での通話」についてですが、使用感としては公衆電話を持ち歩いている感じです。
音質は決してよくありませんが、頻繁に使わないのでがまんできます。
聞き取りにくい時があるので、大事な電話をするには向いていません。ないよりマシ程度の機能だと思います。
 

メリットはとにかく安いこと

楽天モバイル050データSIMのメリットは、月額料金が安いことです。
わたしは3.1GBプランを使っているので月額1020円、au時代の半額どころか8分の一です。
それでいちおう電話が使えて、au時代と遜色のない使用感なので文句なしです。
 

楽天モバイル050データSIMのデメリット

楽天モバイル050データSIMのデメリットは、050番号が電話番号として認められないことがあるということです。これは盲点かもしれませんね。
 
050番号は固定電話にかけることができるし、逆にかけてもらうことも問題なくできます。
ちゃんと電話として機能する番号です。
 
しかし、証券会社やクレジットカード会社などの契約をするときに050番号を入力すると「この番号は無効です」といったような文言が表示されてしまうのです。
 

契約時に必ずしも携帯電話番号を入力しなければならないわけではないので、自宅の固定電話の番号を入力して契約はできました。
自宅に固定電話がない方には050データSIMはおすすめできません。

 
 

 
 

楽天モバイル050データSIMはこんな人にオススメ

実際に使用してみて、楽天モバイル050データSIMがオススメできるのはこんな方だと感じました。
 

  • ほとんど携帯電話の電話機能を使わない。
  • 使うにしても、LINEですませられる。
  • だけど、たまに固定電話にかける。
  • まったく携帯電話を使えないのは不安。
  • 固定電話など、自分用の電話番号を別に持っている

 
繰り返しになりますが、050番号だけでは生活するうえで困る場面があります。
固定電話が自宅にない場合は楽天モバイルのうち050データSIMではなく、「通話SIM」を契約することをお勧めします。
 

公式サイトはこちら

Twitterで更新情報をお届けします