生理前のゆううつ感が「プレフェミン」をゆるく飲んだら改善した話

わたしは生理前にモヤモヤしたり、イライラしたり、ゆううつになることが多いです(>_<)

ずーんと気分が落ち込んで「もしかしてわたしってうつ病??」と悩んだこともあります。

 

でも生理が始まるとすっかり良くなるので、おそらく「月経前症候群(PMS)」というものなんだろうなぁと思っていました。

「生理前だからしかたがない!」と割り切るだけでも効果はあったものの、それでも毎月憂鬱になるのはしんどいです(>_<)

 

「何とかPMSを治せないだろうか…?」と調べていると、「プレフェミン」という日本では唯一のPMSのための医薬品を発見しました。

 

さっそくドラックストアで買ってみたので、プレフェミンの詳しい情報・使った感想をまとめていきます(・o・)❤

 

  • 生理前のいらいら・もやもや(PMS)に悩んでいる
  • 「プレフェミン」を飲んだ体験談を知りたい

という方にオススメの記事です(・o・)❤

 

 

「プレフェミン」とは?

「プレフェミン」はゼリア新薬から発売されている月経前症候群(PMS)治療薬です。

 

  • 乳房のはり・頭痛といった生理前の身体的症状
  • イライラ、怒りっぽい、気分変調といった生理前の精神的症状

にも効果があるとのこと。

 

パッケージはこんな感じ。
f:id:migaruhack:20190105105941j:plain

 

30個の錠剤が入っています。
f:id:migaruhack:20190105105943j:plain

 

パッケージ裏面。
f:id:migaruhack:20190105105956j:plain

 

 

有効成分のチェストベリーとは?

f:id:migaruhack:20190105113859j:plain
画像出典元:https://www.e081.com/chaste-tree.html

 

プレフェミンの有効成分は、PMSや月経不順など婦人系疾患に効果があると認められている「チェストベリー」という西洋ハーブです。

ヨーロッパでは紀元前から婦人系疾患(生理不順など)の治療に使われていたそうです。

 

 

しかし、「統合医療」情報発信サイト | 厚生労働省 「統合医療」に係る情報発信等推進事業には

「チェストベリーに月経前症候群に対する効果があるということがわかっています。しかし大抵の研究は適切にデザインされていないので、確たる結論を導き出すことはできません。」

と書かれています。

チェストベリーはPMSに効果があるものの、女性全員に100%効果があるとは言い切れないといったところでしょうか(>_<)

 

 

「プレフェミン」を手に入れるには?

「プレフェミン」は要指導医薬品とされています。

簡単に言うと、薬剤師さんの説明を受けないと買えない薬というわけです。

 

「プレフェミン」はドラックストアで買えますが、以下の点に注意です。

  • 薬剤師がいるドラックストアじゃないと販売されていない
  • 薬剤師が不在の時間帯は買えない

 

公式サイト(プレフェミン取扱店|プレフェミン)から「プレフェミン」が販売されている店舗が調べられます。

薬剤師がいるかどうかは、店舗に電話して確認しましょう!

 

 

「プレフェミン」を買って試してみた感想

ドラックストアで買ってみた

さっそく「プレフェミン」販売店舗のドラックストアに行ってみましたが、要指導医薬品を買うのは初めてなので、どこに薬が置いてあるのかわかりませんでした(>_<)

店員さんに聞くと薬剤師さんのいる処方箋を販売してもらうところに案内され、そこにプレフェミンの空箱が並んでいました。

 

本来はプレフェミンの空箱を持ってレジに行くシステムになっているようです。

普通の薬と場所が分けられているだけでなく、買い方も違うんですね。

 

薬剤師さんからの説明はこんな感じでした。

  • 買う本人が使うかの確認
  • 飲み方(一日一錠、時間を自分で決めておくとよい)
  • 効果が出るのは飲み始めて一か月後
  • 副作用(むくむことがある)

 

 

プレフェミンを飲み始めて2回目の生理。イライラしなかった!

プレフェミンを飲み始めて、2回目の生理がきました。

 

いままでだと生理が来る10日~7日前になるとイライラ・もやもや・ゆううつ感がひどくなり、「早く生理始まってくれ~~」と祈るような気持ちで過ごしていたのですが、今回は「あれ?そういえば、もうすぐ生理だっけ??」と生理の始まりを意識しなくなるくらい、イライラ感が出ませんでした!

 

「プレフェミン」は月経前症候群のなかでもメンタル的な症状にかなり効果があるように感じます。

身体的な症状(便秘、眠気、頭痛)は今まで通りだったかな。

これから飲み続けたらまた変わってくるのかもしれません。

 

 

プレフェミンを飲む頻度は週に1~2回にした

 

プレフェミンを使ったひとのレビューのなかに、「生理が止まった」という感想がありました。

 

「命の母」などの婦人系のお薬ではこのような副作用(?)が出ることが多いように思います。

仕組みはわかりませんがきっと効果が強く出過ぎた結果なのでしょう。

わたしは婦人系のお薬を飲むのは初めてなので、どれくらいの効果が出るかは未知数でした。

 

生理が来なくなってしまうのはイヤだったので、飲む頻度を抑えることにしました。

ほんとうは一日一錠飲むものなのですが、週に1~2回思い出したときに飲むということにして、ゆるく継続しました。

 

それでもPMSはかなりマシになったし、生理も予定通りきています。

このままのペースでプレフェミンをゆるく飲み続けていこうと思います(・o・)❤

 

 

まとめ

 

PMSの症状を改善するお薬「プレフェミン」を実際に飲んでみた結果をまとめました。

 

  • プレフェミンを飲み始めて二回目の生理前、PMSのメンタル的な症状が出なくなった!
  • でも、身体的な症状(眠気・頭痛・便秘)は今まで通り。
  • 飲む頻度をひかえめにしたけど効果は出たし、生理も問題なく来た

 

PMSのメンタル的な症状が出なくなり、穏やかな気持ちで生理をむかえることができました。

毎月10日~7日間ほどイライラもやもやしていたのがなくなって、いい感じです(・o・)❤

 

いまPMSで悩んでいる方は、ぜひ一度「プレフェミン」を試してみることをおすすめします。

Twitterで更新情報をお届けします