大人女子におすすめのおやつの食べ方!食事で不足しがちな栄養をとろう

子供にとってのおやつは単なるお楽しみではなく、立派な「栄養補給」のひとつです。

 

子供は消化器官が発達途中で、1日3食の食事だけではじゅうぶんな栄養をとることが難しく、「おやつ」として、食事と食事のあいだに食べ物をとることが大切だからです。

おやつの本来の役割を考えれば、大人におやつは不要だといえます。

とはいえ、ダイエットのために「しあわせなおやつの時間」をいっさいなくしてしまうと、ストレスがたまってダイエットが長続きしにくいです。

 

そこでこの記事では、大人女子にオススメのおやつの食べ方をまとめています。

 

  • お菓子をダイエットのために我慢しているけど辛い…と悩んでいる方
  • 太りにくいおやつの食べ方が知りたい方

にオススメの記事となっています

 

 

 

大人女子におすすめのおやつの食べ方とは?

「子供にとってのおやつは必要な栄養源」と書きましたが、とくに「エネルギーになる炭水化物」をとるためにおやつを食べます。

 

ビスケットや蒸しパン、チョコレートなどの「炭水化物たっぷりのお菓子」が子供のおやつとなることが多いですよね。

 

大人はエネルギーを食事からじゅうぶんとることができています。

子供とおなじように「炭水化物たっぷりのお菓子」をおやつに食べているとネルギーのとりすぎで太りやすくなります(>_<)

 

そこで、「大人の食事で不足しがちな栄養」をおやつに食べるのがおすすめです。

 

具体的にいうと、

  • カルシウム
  • 食物繊維
  • 鉄分(とくに月経のある女性)

の3つの栄養をおやつにとることで、栄養バランスを整えられます。

 

カルシウムをとれるヨーグルト・チーズ

カルシウムは日本人が不足しがちな栄養素です。

カルシウム不足が続くと骨粗しょう症になるリスクが上がるため、おやつの時間に「カルシウムたっぷりの食べ物」をとるといいでしょう。

 

具体的には、ヨーグルト・チーズといった乳製品がおすすめです。

食物繊維をとれる機能性表示食品がおすすめ

特に20~30代といった忙しい世代は、食べるのに時間がかかる野菜を敬遠しがちなので、食物繊維不足が深刻です。

おやつとして食物繊維をたっぷりとるには、食べ物よりも「機能性表示食品」や「特定保健用食品」を利用するのが手っ取り早いです。

 

「こんにゃく畑」はコンビニでもすぐ買えるのでおすすめです。

食物繊維は胃のなかで水分を吸って膨らむ性質があり、ちょっとの量で満腹感を感じられるます。

ダイエットを頑張っている方はぜひとりいれましょう(・o・)❤

 

 

鉄分をとれる「グミサプリ」がおすすめ

月経がある女性は、鉄分が不足してしまいがちです。

毎月、生理が来ると頭痛や貧血に悩まされているという方は、鉄分不足の可能性が高いです。

 

鉄分をおやつとしてとるなら、「グミサプリ」がおすすめです。

UHAグミサプリ 鉄&葉酸
created by Rinker

 

カプセル状のサプリメントだと食べた感じがしませんが、この「グミサプリ」はかみごたえがあるので、おやつ代わりになります(・o・)❤

 

まとめ

元々のおやつの役割は「子供のエネルギー補給」なので、大人が子供と同じようにおやつを食べていては、エネルギーのとりすぎになってしまいます。

 

大人は「エネルギー」ではなく、カルシウム・食物繊維などといった「食事で不足しがちな栄養素」をおやつで補うことをおすすめします❤

 

 

Twitterで更新情報をお届けします