【体験談】ホテルニューオータニ東京の結婚式打ち合わせ。2回目は装花!

あと数か月後、ホテルニューオータニ東京で挙式する予定です!

先日は2回目の結婚式の打ち合わせに行ってきました。

  • どのようなことを決めたのか
  • あらかじめ考えておくとよかったこと

などなど、ざっくりと感じたことをまとめていきます^^

 

わたし
「これからニューオータニ東京で2回目の打ち合わせに行く!」という方の参考になれば幸いです!

 

2回目のホテルニューオータニ東京の結婚式打ち合わせに行ってきた!

ホテルニューオータニ東京での結婚式打ち合わせ、2回目に決めたことは主に4つです。

  1. テーブルコーディネート
  2. 装花
  3. 式の進行・演出
  4. アルバム・映像の手配

 

わたし
かなり盛りだくさんな内容。2時間半くらいかかりました!

 

「これは事前に知っておきたかった!」と感じたことを詳しくまとめていきますね。

 

テーブルコーディネートを決めるのが大変!

「テーブルコーディネート」といっても、会場の雰囲気に合うのが一番だしおまかせでいいや……と漠然と考えていたわたしたち。

いざ打ち合わせが始まってみると、決めるべき項目の多さに驚きました。

 

だいたいこんなことを決めます。

  1. テーブルクロスの柄
  2. ナプキンの色
  3. ナプキンの形
  4. チェアカバーの色
  5. お皿の種類

 

カタログを見ながら選んだのですが、「会場に合うヤツ」だけでも何パターンもあってびっくり……。

カタログで「いい!」と思ったものでも、実物をみるとイメージが違ったりして、なかなか決められませんでした。

 

わたし
公式サイトを見たりして、「こういう感じで!」とイメージを固めておけばよかったです。

 

最終的におすすめされたなかから決めて、シンプルな感じにしてもらいました。

 

わたし
ニューオータニ東京の披露宴会場は華やかなので、あまり派手でなくてもよさそうです^^

装花はグレードアップが不可欠かも

高砂やゲストテーブルに置く装花。

こちらもカタログを見ながら選ぶのですが、もともとの見積もりに入っていたプラン内ではさみしすぎるかな……という印象でした。

 

わたし
高砂は12万円、ゲストテーブルは1万2千円のプランが相場とのこと。

 

アップグレードは卓数ごとなので、料理と比べると値上がり幅は控えめ

悩みましたがグレードアップしてもらいました……!

 

装花はドレスを決めておくとスムーズ

装花はカタログから形を選ぶのですが、こまかい点はフローリストの方と相談して決めていきます。

形や使う花の種類がテンプレートのようになっていて、そこに希望の色や花を足していく感じです^^

 

わたしは白いユリとバラが主体のタイプを選んでいたので、アクセントカラーをどうするか?という話になりました。

そのとき、フローリストの方が気にされていたのがカラードレスの色

ドレスの色によっては、合わない色味がでてきてしまうのだそう。

わたしはどの色でも問題なさそうでしたが、カラードレスの色が好きな色だったので、同じ系統にまとめてもらうことになりました^^

 

わたし
装花を決める2回目の打ち合わせまでに、カラードレスの色を決めておくと話がスムーズです!

 

ちなみに、花の種類の指定はしませんでした。

(季節感の異なる花だと、高くなるというウワサを聞いていたので……)

 

 

式の進行はざっくりと決定。

式の進行についてはテンプレートにそって決めていきました。

大体の流れは決まっているので、こだわりがなければ打ち合わせはスムーズ!

 

ただ、問題は演出。

お色直しのあとの余興タイムは基本的に自由なので、やりたいことを考えておくとよさそう^^

 

わたしたちはまだなんにも決まっていないのですが、候補はこんな感じ。

  • ゲストテーブルを回って写真をとる
  • ブーケプルズ
  • 余興・友人スピーチ

意外とタイムスケジュールがタイトなので、どれかひとつしかできなさそうです。

 

 

 

まとめ

2回目の結婚式の打ち合わせは、結婚式本番をイメージできる項目ばかりで、時間があっというまに感じました。

とくにお花はカタログをみてるだけで楽しくなりました^^

 

残すところ、打ち合わせはあと2回。

限られた時間なので楽しんでいこうと思います^^

 

Twitterで更新情報をお届けします