モノを減らす理由は人それぞれ。ミニマリストを分類してみた

「ミニマリスト」とひとくちにいっても、「モノを減らす理由」は人それぞれです。
 
この記事では「ミニマリストになる理由」を4通りに分類してみました。
 
「ミニマリストに興味がある」「スッキリと暮らしたい」という方の参考になれば嬉しいです❤
 

 

モノを持たないのはなぜか?

「ミニマリスト」は必要最小限の「モノ」しか持たない人のことを言います。
どれぐらいモノを減らせばミニマリストなのかということは決まっていません。
自分が「必要最小限のモノで生きている」と思えばミニマリストなのだと思います。
 
「必要最小限のモノ」はひとそれぞれですが、その違いは「モノを減らそうと思ったきっかけ」によってできているんじゃないかなぁと感じます(・o・)❤
 
そもそもモノを減らすのは、モノを持つことのデメリットを感じているからではないでしょうか?
 

たとえばこんな感じ

  • モノを買う・持つのにお金がかかる(例:マイカー、車検や税金なども)
  • モノを管理するのに時間がかかる(例:大量の服、衣替えやクリーニングが大変!)
  • モノを持っているために時間を浪費する(例:テレビ、あれば見てしまう)
  • モノが多すぎるとメンタルに悪影響(例:部屋がちらかっていらいら・・・)

 
このようにモノに対する向き合い方が違うから、「ミニマリスト」といってもさまざまなタイプにわかれます。
 
 

ミニマリストを分類してみた

ミニマリストはまず大きく2つのタイプにわかれます。

  • モノとうまく付き合っていくのか
  • モノと極力付き合わないことを選ぶのか

詳しく説明していきます❤
 

モノとうまく付き合うミニマリスト

モノに対するデメリットを解決するために、モノを減らしていくタイプです。
 

  • モノにお金を使いたくない、節約の延長
  • モノに時間を奪われたくない、時短の延長
  • モノを減らして心地よく暮らしたい、掃除の延長)

 
「自分にとっていらないモノ」を減らしつつ、自分のメリットになるモノなら喜んで買うミニマリストです。
たとえば「時短」のためにモノを減らしている人は、ルンバなどロボット掃除機はすぐにほしくなるでしょう。
 

モノと「付き合わないこと」を選ぶミニマリスト

「モノを持たない」ことそのものを目的にする場合もあります。
お金がかかっても、時間がかかっても、モノがなければそれでいいという感じです。
 

  • モノを減らすメリットがなくてもモノを減らしたい
  • モノが減ることそのものをメリットをとらえている

 
ミニマリストとして本を出版されていたり、有名な方はこんな感じかなぁと個人的に思っています。
 
 
ひとくちに「ミニマリスト」といってもモノとの付き合い方は違います。
優劣があるわけではなくて目的が違うだけですが、「モノと付き合わないこと」を選ぶミニマリストが目立ってしまっているというのが現状かなと思います。
 
しかし、自分自身が困っていることをうまく解決しているミニマリストの考え方を学ぶのが合理的です。
 

節約のためにミニマリストになる?

f:id:migaruhack:20180607204119j:plain
 
わたし自身、節約の延長でミニマリストになりました。

  1. 働きたくないけどお金が必要
  2. お金のために働きたくない
  3. モノを減らして少ないお金で暮らせるようにして
  4. がんばって働かなくてもいいようにしよう

という感じです。
 

・「節約」や「投資」に興味がある
・「モノ」はコスパ第一で選ぶ、ブランドは興味ない

 
 

参考になりそうな本

それ、いらない。 ちゅらさんの持たない暮らし、使い切る暮らし [ ちゅら ]
created by Rinker

 
 

時短の延長でミニマリスト?

f:id:migaruhack:20180607204121j:plain
 
元祖「私服の制服化」、スティーブ・ジョブズなどの仕事人をイメージしていただけるとわかりやすいかと思います。
「仕事に最大の集中力・時間・エネルギーを注ぐために、毎日同じような服を着ていた」というのは有名な話ですね。
 
特徴としてはこんな感じ。

・「時短術」や「仕事術」に興味がある
・ルンバや食器洗浄機などの時短家具は高くても買う

 

参考になりそうな本

図解自分を操る超集中力 [ メンタリストDaiGo ]
created by Rinker

 
 

掃除の延長でミニマリスト?

f:id:migaruhack:20180607204123j:plain
 
部屋をスッキリさせて毎日を「気持ちよく」過ごすことを目的にするので、シンプルライフとも似ています。
 
特徴としてはこんな感じ。

・元はマキシマリストで部屋がごちゃついていた
・好きなモノだけに囲まれて暮らしたい
参考になりそうな本
ミニマリストの部屋づくり[本/雑誌] / おふみ/著
created by Rinker

そもそもモノを持ちたくない?

f:id:migaruhack:20180607204129j:plain
 
「何もない部屋で暮らしたい」というTHE・ミニマリストがこのパターンに当たります。
テレビなどメディアで取り上げられることも多い、一般的な感覚から言えばある種「異色な暮らし」です。
 
かえって不便なんじゃないかな…とわたしは感じてしまいます(>_<)
このようなミニマリストを目指す方は、むやみにモノを減らす前にミニマリスト本で勉強するのがおすすめです。
 
 

参考になりそうな本

手ぶらで生きる。 見栄と財布を捨てて、自由になる50の方法 [ ミニマリストしぶ ]
created by Rinker

 
 
 
 

まとめ

「ミニマリスト」を4パターンに分類してみました。
 

  • 節約の延長でミニマリストになるパターン
  • 時短の延長でミニマリストになるパターン
  • 掃除の延長でミニマリストになるパターン
  • そもそも「モノ」を持ちたくないパターン

 
しかし、このパターンわけに優劣はありません。
モノが少ないほうが偉いわけでもないです。
 
自分の悩みを解決できたらいいので、自分の価値観に近そうなミニマリストを参考にしてみてくださいね❤

Twitterで更新情報をお届けします