雇用保険説明会の流れは?初回認定日までの求職活動実績は必要?

先日、雇用保険の失業給付を受けるために「雇用保険説明会」に行ってきました!

 

わたし
わたしは引っ越しを機に退職し、現在は無職の主婦です(在宅ワークはしてますが、世間的には‥‥)

 

雇用保険説明会は失業給付を受けるために絶対に行かなくてはならない説明会です。

実際に行ってみると簡単な説明会でしたが、前日は「何をするんだろう?」「何時間くらいかかるんだろう?」とちょっと不安でした。

 

そこで、この記事ではわたしの実体験をもとに

  • 雇用保険説明会ではどんなことをするのか・説明会の流れ
  • 雇用保険説明会の持ち物
  • 初回認定日までに求職活動実績は必要なのか

ということをまとめていきます。(2019年9月時点の情報です)

 

これから失業給付を受ける方の参考になれば幸いです。

 

雇用保険説明会に行ってきた!

雇用保険説明会の流れ・所要時間

雇用保険説明会は、求職申込をしたハローワークの会議室でありました。

 

始まる10分ほど前に行くと、すでに15名ほどイスに座っている方がいました。

開始時刻になってから職員さんがきたので、時間ギリギリでも別に大丈夫そうでした。

 

わたしが受けた雇用保険説明会は、

9:30 雇用保険受給資格者証の配布

9:40 DVDの視聴

10:20 休憩

10:30 DVDの補足説明(雇用保険受給資格者証の見方など)

11:20 国民年金保険料の免除について説明

このような流れで、所要時間はおおよそ2時間でした。

 

失業認定に必要な書類の配布と「雇用保険の失業等給付受給資格者のしおり」の説明がメインで、基本的に座って話を聞くだけでした。

 

 

雇用保険説明会に持っていくべきもの

雇用保険説明会に必要な持ち物は、「受給資格者のしおり」と筆記用具くらいです。

 

求職申込のときに提出物のモレがあった場合は、忘れずに持っていきましょう。

雇用保険説明会当日・説明会が始まる前に提出されていました。

 

また、雇用保険説明会の最後に国民年金の免除申込の説明があります。

必須ではありませんが、その場で書いて提出ができるとのことでした。

市役所などに出かける手間が省けるのでありがたいですよね。

 

免除を希望する方は

  • 印鑑
  • 年金手帳

を持っていくと便利だと思います。

 

免除ではなく、口座振替を希望する場合は

  • 銀行の通帳
  • 銀行の届け印

が必要です。

 

このような書類に記入します。

 

 

 

雇用保険説明会でもらえる書類

雇用保険説明会に出ると、今後の失業認定に必要な書類が2つ貰えます。

 

1つめは「雇用保険受給資格者証」です。

基本手当日額・所定給付日数がかかれているので、失業給付で最大いくら分貰えるのかが計算できます。

 

また、認定日(1型ー月など)もわかります。

認定日にはハローワークに行かなければなりませんし、認定日までには求職活動実績を作る必要があります。

今後の予定を立てるために必須の書類ですね^^

 

2つめは「失業認定申告書」です。

認定日に提出して、「失業中かどうか」「求職活動実績があるか」が判定される書類になります。

 

 

初回認定日までに求職活動実績は必要?

 

初回認定日は申し込み日から3週間後

雇用保険説明会で「雇用保険受給資格者証」を貰ったときに焦ったのが「初回認定日がすぐに来る!」ということです。

 

求職の申し込み日から3週間後になっていて、あと10日ほど。

認定日までには「求職活動実績」を作っておかないといけません。

 

「とりあえず説明会を受けてから活動しよう」とのんびりしていたわたしはかなり焦りました。

 

 

求職活動実績にはどんなものがあるのか?

求職活動実績とは、「客観的に確認することができる仕事探しの実績」のことです。

 

基本手当の支給を受けるためには、求職活動実績として認められる活動を、原則として前回の認定日から今回の認定日の前日までの期間中に、最低2回以上行うことが必要

(引用:雇用保険の失業等給付受給資格者のしおり)

 

「求職活動」と「求職活動実績」は同じものではありません。

求人の応募やセミナーの受講はOKで、求人の検索(ネットで見るだけ)だと実績にはならない…といった具合です。

 

「あと2週間足らずで2回も実績が必要なの!?」と焦りましたが、さいわいにも勘違いでした(・o・)♡

 

 

初回認定日に必要な求職活動実績は1回だけ(初回講習の受講でOK!)

詳しく説明を聞くと、初回認定日までに必要な求職活動実績は1回だけでした。

しかも、「初回講習」というハローワークで受ける説明会が求職活動実績になるとのこと。

 

初回講習では、求職活動の流れやハローワークの活用方法を説明してもらえるそうです。わたしは雇用保険説明会の1週間後にあります。

初回講習はかならず参加しないといけないようなので、必須事項をこなしていれば初回認定日はクリアできるというわけです。

かなりの優遇措置に感じますね^^;

 

初回認定日までに求職活動実績作りはしなくていいということで、安心しました。

 

 

雇用保険説明会&初回認定日までの流れまとめ

雇用保険説明会から初回認定日までの流れをまとめました。

 

  1. 雇用保険説明会(雇用保険受給資格者証・失業認定申告書の受け取り、受給資格者のしおりの説明)
  2. 初回講習(ハローワークの活用方法の説明)
  3. 初回認定日(求職活動実績は「初回講習」の1回でOK)

 

初回認定日など今後のスケジュールがわかると、なんだかやる気がでてきました。

雇用保険説明会では求人情報の資料も貰えますし、就活を思い出します^^;

 

就活のときは「とにかく内定!夏までになにがなんでも内定!」という感覚ですごくしんどかったのですが…

今回はゆっくり仕事について考えられるいい機会だと思って頑張ります。

 

Twitterで更新情報をお届けします