寿退社してから在宅ワークを始めた!感想とメリット・デメリットを紹介

わたしは今月、引っ越しをともなう結婚をきっかけに退職しました。いわゆる寿退社です。

 

結婚したあとの働き方についていろいろと悩みましたが、当分の間は在宅ワークをします(・o・)❤

クラウドワークスなどで仕事を受注し、自宅のパソコンでウェブ記事の執筆やリライト・校正業務をしています。

仕事形態としては「フリーランス」ですね。

 

この結論に至るまでたくさん悩みましたし、まだ正解かもわかっていません。

女性の働き方ってほんとうに難しいなと思います。

 

この記事では、「寿退社して在宅ワークでお金を稼ぐ」とわたしが決めた理由や、実際に在宅ワークを始めた感想・今感じているメリットとデメリット・今後の展望をまとめていきます。

ひとつのケースとして、結婚してからの働き方に悩んでいる女性の参考になれば幸いです(・o・)❤

 

わたしが寿退社後、在宅ワークを始めた理由

わたしは結婚前はフルタイムの正社員として働いていました。

結婚してもフルタイムの仕事を続けずに在宅ワークを選んだのは、環境的な理由とわたし個人の仕事観に合っているからです。

 

環境的な理由としては、

  • 嫁ぎ先が県外だったので、結婚前の仕事をやめざるを得なかった
  • 旦那の勤務先の都合で、来年にはまた引っ越す予定がある

という状況のため、転職してもまたすぐに退職…となってしまいます。

 

また、わたし個人の問題としては、

  • フルタイムの仕事と家事を両立できる気がしない(今まで実家暮らしだった)
  • 多くの人と協力しながらより、自分の裁量で仕事を進めるほうが好き
  • たくさんのお金を稼ぐより、働く時間を少しずつ減らしていきたい

といったように、あまり外でバリバリ働きたくないなという思いがあります。

 

全国どこにいてもパソコン一台あれば仕事ができるうえに、クライアント様などとのやりとりはあるものの原則はひとり作業という在宅ワークはわたしにぴったりです。

 

幸い、わたしは正社員時代からブログを書いたり、クラウドワークスでお仕事を探していたので、退職後すぐにスムーズに業務を始められました。

 

 

「クラウドワークスでの在宅ワークの仕事の始め方」はこちら

関連記事

最近、結婚をきっかけに仕事を退職しました。転職活動も考えていますが、来年にまた引越しがひかえているので、ひとまず在宅ワーカーとして頑張ろうと決めました。一時的に専業主婦もアリかと思いましたが、いっさい働かないはどうしても金銭[…]

 

 

 

 

実際に寿退社後、在宅ワークをやってみた感想

わたしが受注しているお仕事を簡単にご紹介

わたしが現在在宅ワークとして受注しているお仕事を簡単にご紹介します。

 

  • 旅行情報メディア(ぷらたび)の記事のリライト
  • トレンドブログの編集作業・記事のリライト
  • 複数の食情報メディアにて記事のリライト・ライティング

 

幸いにもいろいろなお仕事を受注させてもらうことができ、在宅ワークといえど稼働時間は長めです。

納品期限に間に合うようにスケジュールを組んで作業しています。

 

 

在宅ワークのメリット

まだ始めたばかりですが、実際に在宅ワークをやってみて感じたメリットとデメリットをご紹介していきます。

 

ほどよい距離で人と関われる

一番のメリットは、意外かもしれませんが「さみしくない」ということです。笑

わたしの旦那は仕事が忙しく帰りが遅いし、休日出勤もあるのでいっしょにいる時間が少ないです。

それに新しい土地に引っ越したので知り合いもできていなくて、ほぼ一人ぼっちです。

ずっとこの状況だとマリッジブルーになってしまいそうですが、クライアント様やお仕事仲間のライターさんとこまめに連絡をとることでいい気分転換になっています(・o・)❤

 

ライティングのお仕事だと事務連絡が多いですが、わたしはブログの編集のお仕事をしているため、ライターさんたちと頻繁に連絡をとっています。クラウドワークスで「編集スタッフ」と調べると似たような案件が出てくると思います!

 

 

自分のできる範囲でお金が稼げる

自分のできる範囲で少しでもお金を稼げるというのはありがたいことです。

独身時代の貯金もあるためお金に困っているわけではありませんが、貯金を減らしたくないからと節約ばかりするのはあまり気持ちのいいものではありません。

 

とはいえ最初は慣れないお仕事が多くて時間効率はイマイチです(>_<)

時給換算すると普通にアルバイトしたほうがよっぽどいいです。

ただお仕事を続けて作業がスピードアップすれば時給はどんどん上がっていきます。

これから少しずつ慣れて時間当たりの作業量を増やしていきたいなと思います。

 

スキルアップにつながる仕事もできる

自分自身の勉強やスキルアップにつながるお仕事ができるのも嬉しいです。

たとえばサイト運営にかかわることでブログ運営に役立つSEOの手法を学べます。

 

また、わたしは栄養士の資格があるため「栄養士の専門知識を使ったライティング」にも挑戦できます。

資格を持っているといえど、知識は使わなければ忘れていきます。

ライティングを通じて栄養学の知識を使ったり、新しい情報をインプットして自己研鑽につなげていければと考えています(・o・)❤

 

 

在宅ワークのデメリット

在宅ワークのデメリットはあまり感じていません。

しいていうなら、時間管理が難しいということでしょうか。

 

わたしはいま時間が有り余っているので、日中ずっと在宅ワークのお仕事ができてしまいます。

初日はやる気満々だったこともあり、8時から20時までご飯を食べるとき以外の時間はずっとパソコンに向かっていました。

かなり疲れました(>_<)

 

在宅ワークのしすぎで体調を崩しては元も子もないので、休憩や自分の時間も大事にしていきたいです。

 

また、お仕事を受注しすぎるとキャパを超えてしまうので、新しいお仕事を探すのはやめることにします。

 

 

今後の展望

現状、わたしは在宅ワークといえどフルタイムなみの時間で作業をしています。

月にいくら稼げるのかということはちゃんと計算していませんが、いまのお仕事を続けていれば月20万も難しくなさそうです。

 

しかし、今後も在宅ワーク一本でやっていくかはまだ悩み中です。

お仕事の依頼がずっとあるという保証もないですしね(>_<)

 

次の引っ越しが終わったら外で働くお仕事を見つけて、在宅ワークとの二本立てでやっていこうかなと思います。

 

 

寿退社してから在宅ワークを始めた感想とメリット・デメリットまとめ

寿退社してから派遣やパートのお仕事ではなく「在宅ワーク」を始めた感想と、実際にやってみて感じたメリットとデメリットについて書いてみました。

あらためてメリットを書き出してみると、在宅ワークをやってよかったなと思います。

 

この記事が「寿退社をするのはいいけど、そのあとはどんな仕事をしよう?」と悩んでいる人の参考になれば幸いです。

 

わたしがお世話になっている「クラウドワークス」はこちらから登録できます。

在宅ワークならクラウドワークス



会員登録は無料です。

まずはどんなお仕事があるか調べてみてください。

興味があるお仕事がきっと見つかるはずです(・o・)❤

Twitterで更新情報をお届けします