婚姻届の事前確認って何?やり方は?婚姻届を土日に提出したいならマスト!

婚姻届を提出する日は「結婚記念日」になるものです。

「二人の思い出の記念日や大安吉日など、特別な日を選びたい!」という方は多いのではないでしょうか。

 

わたしももうすぐ婚姻届を提出するのですが、縁起のいい日どりを選んだところ、市役所がお休みの日曜日になってしまいました。

「提出したい日が土日祝日だと受け付けてもらえないのかな?」と不安になりましたが、そんなことはないようです。

 

ただし「事前に婚姻届を市役所で確認してもらうべき」とされています。

そこで、日曜日に婚姻届を提出するべく、実際に婚姻届の事前確認をしてもらいに行ってきました!

 

この記事では、婚姻届を土日祝日に提出する方法と婚姻届の事前確認についてわたしの経験談をもとにまとめていきます。

 

婚姻届を土日に提出したいけど可能なの?転居届はどうなる?

婚姻届は土日に提出できるけど不備に注意!

婚姻届は、土日祝日でも提出することができます(・o・)❤

 

婚姻届は24時間365日受付が可能である。ただし、夜間や土曜日や日曜日及び国民の休日は、担当職員が不在である場合が多いため、通用口にいる警備員・守衛に預ける形となり、役所始業と共に受理される。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/婚姻届

ただし職員さんはお休みのため、守衛さんなどに「渡す」ことしかできません。

実際に受理されるのは職員さんが出勤される平日(土日に出した場合は月曜日)です。

 

婚姻届にまちがい・不備が無ければ「提出した日付」が「婚姻届の受付日」となります。

でも、まちがい・不備があれば書き直しとなり「書き直して再提出した日」が「婚姻届の受付日」になってしまいます

 

婚姻届の提出がやり直しになってしまうと、なんだか縁起が悪いですよね(>_<)

そうならないように、婚姻届にまちがい・不備がないかを市役所で事前に確認してもらうことができます。

 

婚姻届と同時に転居届を土日に提出することはできない

結婚を機に住所が変わった場合は、婚姻届の提出と同時に「転居届」を出して引越しの手続きもすませるのがスムーズです。

ただし、土日祝日での転居届の受け付けはされていません

 

あらためて平日に出向くことになります。

市役所の方に教えてもらったのですが、婚姻届の提出したあとに転居届を出す場合は「婚姻届も〇日に出しました」と伝える必要があるとのことです。

 

 

事前に婚姻届を役所で確認してもらった体験談・感想

 

わたし
日曜日を提出日にしたい!やり直しは嫌だ…

 

とわたしは思っていたので、再提出にならないよう、実際に市役所で婚姻届の事前確認をしてもらいました。

その体験談をもとに、婚姻届の事前確認についての詳しい情報をまとめていきますね(・o・)❤

 

婚姻届の事前確認はどこの窓口?支所でもOK?

市役所には「本庁」と呼ばれる市の代表の役所と「支所」と呼ばれる地域ごとの小さめの役所があります。

事前確認は支所でもしてもらえるので、近いほうにいけばOKです。

 

窓口は住民票などを取り扱うところが担当です。

市役所に入って一番初めに目につくところに窓口があるところが多いですが、わからなければ目についた職員さんに聞いてみたらOKです。

 

担当の窓口では「婚姻届の事前確認をお願いしたいのですが」というとスムーズです!

 

 

婚姻届の事前確認に何が必要?持って行った書類をご紹介

わたしが持って行った書類をご紹介します。

  1. 完成した婚姻届
  2. 戸籍謄本(本籍地への提出ではないため)
  3. 身分証明書(運転免許証)
  4. 印鑑

 

すべて持っていけば間違いありませんが、わたしの場合、実際に事前確認に使われたのは「完成した婚姻届」だけでした。

 

婚姻届を提出するときには、戸籍謄本(本籍地に提出しない場合)&身分証明書が必要です!

 

 

婚姻届の事前確認の所要時間は?何を確認されるの?

「婚姻届の事前確認はけっこう時間がかかるかな?」と思っていて、暇つぶしの本も持って行っていたのですが、10分もしないうちに終わりました。

窓口が空いていたというのもあります。

 

実際に確認されたことは

  1. 書類にぬけがないか
  2. 新しい本籍の希望地に本籍を置けるか

ということです。

 

書類のぬけは、婚姻届を目視でチェックされました。

戸籍謄本と見比べてチェックされるということはなく「戸籍と同じ住所になってますよね?」と聞かれただけで拍子抜けしました。

 

わたし
婚姻届と同時に戸籍謄本も提出するから、些細な間違いは許容範囲ということなのかも?

 

 

がっつりチェックが入ったのは「新しい本籍を置けるか」ということでした。

パソコンのシステム?で検索されて「希望の住所に本籍を置いていただけます!」と言われました。

 

正直、本籍が置けない場合があるなんて想定していなかったので驚きました。

 

調べてみると「本籍を置こうと思った住所の地番が削除されていた」というケースもあるそうです。ほかにも、県境など所属地域が確定していない住所は本籍がおけないとのこと。

 

本籍がおけない場合は確実に再提出でしょうから、婚姻届の事前確認の重要チェックポイントとなっているのでしょう。

 

 

 

まとめ:婚姻届を土日に提出したい!事前に役所で確認してもらえる?

婚姻届は市役所がお休みの土日祝日でも提出できます。

ただし、婚姻届の事前確認が必要です。

 

市役所の担当窓口で「婚姻届の事前確認をお願いします」と言えば

  1. 婚姻届に記入漏れがないかどうか
  2. 新しい本籍をおけるかどうか

ということをチェックしてもらえます。

 

「本籍が置けるかどうか」なんて、個人では判断できませんよね(>_<)

「婚姻届の不備なんてない!戸籍謄本をうつして書いたし、見直しもカンペキ」という方でも、念のために事前確認をおすすめします。

 

Twitterで更新情報をお届けします