家計簿を書くのが苦手なら「無料家計簿アプリ」の活用がおすすめ

 
わたしは実は「家計簿」を一ヶ月以上続けられたことがありません。家計簿をうまく書けなくて嫌になってしまうんです(>_<)
 
というのも、家計簿を書くと、レイアウトや文字の色など『家計管理』以外のことが気になってしまうからです。
 
 
家計簿の書き方を調べていると、レイアウトについての指南が出てきますが、「きれいに書こう!」と思うと時間がかかって面倒だし、うまく書けないとやる気が削がれてしまいます。
 
そんな感じで家計簿が続かないわたしですが、「家計簿アプリ」を使うことで解決しました❤
 
この記事では、私が使っているおすすめの「家計簿アプリ」を紹介します。
 

 

「家計簿アプリ」を使うメリット

まずはじめに、「家計簿アプリ」を使うメリットをまとめておきます❤
 

  • アプリなら、使ったお金を入力するだけでいい
  • 自動でまとめて、きれいなグラフにしてくれて分析がラク
  • スマホを持っていたら、いつでもどこでも家計簿をつけられる

 
ノートを使う家計簿との大きな違いは、「家計管理を時短できること」です。
 
お出かけして電車を待ってる時、ランチを注文した待ち時間…などなど、ちょっとした隙間時間にレシートと携帯があれば家計簿がつけられます。
 
家に帰ってやっとゆっくりできたときに、家計簿を開いて記録する時間をわざわざ作らなくて済むのでいい感じです❤
 
 

家計簿が苦手な方におすすめの無料アプリ

日々の家計管理に「Zaim」

日々使ったお金を記録しているのは「Zaim」という無料アプリです。
 
レシートの自動読み込み機能がありますが、わたしは項目を自分好みにわけたいので手入力しています。
 
入力画面が電卓のようになっているのも便利です❤
 
同じような家計簿アプリはたくさんあると思いますが、はじめに使ったのが「Zaim」だったのでずっと使い続けています。
 
 

家計の全体管理に「マネーフォワード」

いろいろな銀行を使っていると「あれ?結局いまお金はいくらあるんだろう?」とわからなくなってしまうことってありますよね。
 
わたしはお金の全体をみわたすために「マネーフォワード」という無料アプリを使っています。
 
銀行口座の情報を登録することで、資産合計を一目で把握することができます。
 
「Zaim」にも同じような機能があるのですが、「財布から出ていくお金」と「銀行から出ていくお金」を別々に把握したいなと思って分けています。
 

 

まとめ

 
f:id:migaruhack:20180217182837j:image
 
世間で紹介されている家計簿のお手本は『書くことが得意な方』に適した方法なのかなと思います。。
 
だから、書くことが得意でない人には続けられないのは仕方がないことなのかも。
 
家計簿の目的は、使ったものを記録して客観的にお金の使い方をみることで、きれいな家計簿を作ることではありません。
 
家計簿アプリなら『使ったものを記録する』ことに集中でき、時短になるのでおすすめです(・o・)❤

Twitterで更新情報をお届けします