乗馬を趣味にすることのメリットとは?デメリットはある?

  • 2018年11月18日
  • 2019年7月13日
  • 乗馬

「乗馬をやってみようかな・・・?」と悩んでいる方は少なくないかと思います。

馬に乗ることに憧れがあったり、競馬を見るのが好きだったり、きっかけは色々ですよね。

 

いざやってみるとなると不安もあるかと思いますが、やりたいときがやるべきときです(・o・)❤

わたしも乗馬をするか悩みながらも勢いで初めたのですが、とても楽しくてやってよかったなぁと感じています。

 

この記事では、乗馬を趣味として始めることのメリット・デメリットについて書いていきます❤

 

 

乗馬のメリットとは?

私が感じている乗馬のメリットは以下の4つです。

  • 乗馬の技術が上達すると楽しい!
  • 意外といい運動になる
  • 馬とのふれあいで癒される。
  • ストレス発散、リフレッシュ効果がある!

詳しく説明していきますね。

 

乗馬の技術が上達すると楽しい!

乗馬が上達すると、いろいろな乗り方で馬に乗ることができます。

 

  • とことこ歩く並歩(なみあし)
  • 鐙の上で立ちすわりをする軽速歩(けいはやあし)
  • 乗馬の醍醐味、駈歩(かけあし)

 

並歩はすぐにできるようになりますが、軽速歩や駈歩で馬に乗るには練習が必要です。

最初は難しくて「できる気がしない!」と思っていましたが、練習を続けてできるようになってとても嬉しかったです❤

はじめて自転車に乗れた瞬間のような「できた!」という喜びを感じることができます。

 

乗馬はいい運動になる(ダイエットにも?)

乗馬は、馬が勝手に動いてくれるというわけではありません。

馬のうえでバランスを取ったり、鐙の上で立ちすわりをしたりと、乗り手もそれなりに動く必要があります。

 

軽速歩を10分も続けていると汗をかくくらいで、けっこういい運動になります!

「痩せた!」という実感は特にありませんが、乗馬をしていなければちょっと太っていたかも?と思います。

 

楽しみながらもいい運動になるのが乗馬のメリットのひとつです♪

 

 

馬とのふれあいで癒される。

馬はとてもやさしい動物です。

大きい体をしていますが性格は大人しく、人の気持ちを敏感に感じるともいわれています。

 

実際に、馬に触れていると心が落ち着きます。

ブラッシングなどお手入れをしているときに気持ちよさそうにしてくれたり、おやつのニンジンを食べてくれると嬉しいです♪

 

馬に乗るのは気持ちがいい。ストレス発散!

乗馬の技術が上達して、駈歩や軽速歩ができるようになると馬に乗るのがとても楽しくなります。

風を切って走っていると、気持ちがいいです。

屋外でするスポーツなので、リフレッシュ&ストレス発散効果があります❤

 

 

 

乗馬にデメリットはある?

「乗馬のメリットはわかったけど、デメリットもあるんじゃない?」と思っている方もいるかもしれませんね。

 

確かに乗馬を趣味にすることには2つのデメリットがあります。

  • お金がかかる
  • 怪我をする可能性がある

詳しく説明しますね。

 

乗馬にはお金がかかる

乗馬クラブに通う会費やレッスン代、乗馬グッズなど・・・乗馬をするにはお金がかかります。

自分の馬を持つとなるととんでもない額が必要です!

 

  • ビジター会員(都度払い)になる
  • 乗馬グッズはネットショップを利用する

など工夫すればリーズナブルに済ますこともできます。

 

乗馬につかうお金は、一か月あたりの予算をあらかじめ決めておくといいでしょう。

 

 

馬は生き物。けがをするかも?

馬との接し方が悪いと蹴られてしまうこともあります。

やさしい動物とはいえ、馬のパワーに人は敵いませんので、敬意をもって接しましょう。

 

また、馬は「乗り物」ではなくて「生き物」です。

順調に走っていた馬がけつまづいて、乗り手が落ちてしまう(落馬してしまう)こともあります。

 

落馬のリスクを考えて、安全のためのヘルメットやプロテクターなどの馬具はしっかり身に着けておきましょう

乗馬 エアバッグ プロテクター
created by Rinker
KED 乗馬 ヘルメット PASO
created by Rinker

 

 

 

まとめ

乗馬を趣味にすることののメリットとデメリットをまとめました。

 

乗馬のメリット

  • 乗馬の技術が上達すると楽しい!
  • 意外といい運動になる
  • 馬とのふれあいで癒される。
  • ストレス発散、リフレッシュ効果がある!

 

乗馬のデメリット

  • お金がかかる
  • 怪我をする可能性がある

 

デメリットはいずれも対処ができるものです。

予算を決めておく、安全のために馬具を正しく身に着けるなど気を付けておきましょう。

 

乗馬のメリットを感じるためには、実際に乗ってみることが一番です♪

まずは「体験乗馬」をしてみてくださいね。

Twitterで更新情報をお届けします