初心者の乗馬技術が上達するまでにかかる時間の目安

  • 2019年1月31日
  • 2019年7月27日
  • 乗馬

乗馬を習い始めたときって、なかなか思うように馬を動かせませんよね(>_<)

 

合図をしても馬が勝手に止まってしまったり、さぼろうとしたりということはよくあることです。

でもそれって馬が悪いのではなくて、乗り手(わたしたち)の技術が足りないのが大きな原因です。

 

そこで気になるのが「どれくらいの期間で自由に馬を操れるようになるのだろう?」ということですよね。

 

この記事では、わたしの経験をもとに乗馬の技術が上達するのにどれくらいかかるか、目安をまとめてみました!

 

 

乗馬の技術が上達する時間は人それぞれ

乗馬がうまくできるようになるのにどれくらい時間がかかるかは、「人による」というのが正直なところです。

 

  • 乗馬のレッスンを受ける頻度
  • 乗馬を習い始めた年齢
  • 乗馬に何を求めているのか(趣味レベルか競技レベルか)
  • 元々のセンスや運動神経

など、いろいろな要素に左右されるので一概には言えないです(>_<)

 

ここでは「大体の目安が知りたい!」という方向けに、わたし自身の個人的な体験をもとにした目安をまとめていきます。

 

 

乗馬ができるようになるまでの目安

わたしは「乗馬を楽しみたいな~~」というスタンスでレッスンを受けています。

外乗をして草原を走り抜けるのが最終目標です。

運動神経は悪いほうで、1時間弱の乗馬レッスンを月に6回受けていました。

 

並歩はすぐにできるようになった

並歩は1回目のレッスンでできるようになりました。

「進め」と「とまれ」の合図がわかればOKなので、簡単でした!

 

 

軽速歩はちょっと苦戦した

軽速歩は馬に乗りながら立ちすわりをしないといけないので少し難しかったです。

5回目のレッスンで「立ちすわり」を習得できました。

しかし、その後は一人で合図を出すのが難しかったり、スピードを出せなかったりと苦戦しました。

半年くらいかかって、思い通りに軽速歩ができるようになりました。

 

 

駆歩はまだまだ練習中

乗馬レッスンを習い始めて一年半ほどたちますが、「駆歩ができるようになった」とはまだまだ言えないのが現状です。

駆歩をしている馬に乗ることそのものに一苦労、発進の合図を出すのに一苦労、継続して乗るのに一苦労…と練習すべきポイントがたくさんあります。

馬の走り方やゆれ具合が一頭一頭で違うため、馬に合わせる技術も必要です。

 

 

まとめ

「乗馬がうまくできるようになるのに、どれくらいの時間がかかるの?」と思っている方向けに、わたしの体験談をまとめました。

 

週1~2回の乗馬レッスンを受けて、

  • 並歩⇒すぐに習得
  • 軽速歩⇒半年程度で習得
  • 駈歩⇒一年半程度でまだまだ練習中

といった感じです。

 

「もっとはやく上達したい!」という方は、乗馬レッスンを受ける頻度を増やしたり、乗馬の上達に役立つグッズを早めにそろえることをおすすめします!

 

Twitterで更新情報をお届けします