乗馬レッスンを受けるときの「おすすめの服装」まとめ

  • 2018年11月18日
  • 2019年7月14日
  • 乗馬

この記事を読んでいるあなたは、「乗馬クラブで乗馬のレッスンを受けるとき、どんな服装をしたらいいのかな?」と悩んでいませんか?

 

・運動できる服装ならなんでもいいの?

・着てはいけない服ってあるのかな?

・靴はどうしよう?

など、慣れないうちは悩みますよね。

 

この記事では、実際に乗馬クラブに通っているわたしが乗馬するときのオススメの服装をまとめています。

乗馬に行く前の参考にしてください(・o・)❤

 

 

 

乗馬するときのおすすめの服装まとめ

乗馬するときはどんな服装をすればいいのか、実際に私が通っている乗馬クラブで皆さんがされている服装の特徴をまとめてみました。

 

  • トップスは襟付き
  • ボトムスは足首が隠れる長いズボン
  • 靴は運動靴や乗馬ブーツ
  • 乗馬グッズ(馬具)で安全確保は必須

詳しく説明していきますね。

 

トップスは襟付きがベター

正式な乗馬の大会では、正装をする必要があります。

その流れで、乗馬のレッスンでも「襟付きの服」を着ている方が多いです。

 

もちろんTシャツでも問題ないのですが、馬に敬意を示すという意味では襟のある服のほうがふさわしい気がします。

 

わたしはこんな服装をしてます。

  • 夏はポロシャツ
  • 冬は長袖のシャツのうえに防寒具

 

ラルフローレン ポロシャツ
created by Rinker

 

 

ボトムスは?キュロットは初心者に必要?

乗馬をするときには足首が隠れる長いズボンを履きます。

細身のジーンズやスキニーでOKです。

 

スキニー デニム
created by Rinker

 

乗馬用ズボンの「キュロット」を履いている方も多いです。

 

乗馬 キュロット レディース
created by Rinker

 

乗馬用キュロットを履くメリットは主に2つあります。

  1. ズボンに穴が開かない
  2. 鞍の上でお尻が滑りにくい

乗馬をするときに馬や鞍と接するお尻や内ももの部分はズボンの布が消耗しやすいですが、キュロットなら布地が強化されているので穴が開く心配がありません

 

「鞍の上でお尻が滑りにくい」というのは、駆歩を練習する乗馬初心者にとって大きなメリットです。

 

駆歩をするときには、「鞍にお尻をつけておくこと」が大事です。

反動の大きい馬だと鞍の上でお尻がつるつる滑ってしまいます(>_<)

キュロットを身に着けたほうが上達が早いと思います。

 

駆歩の練習を始めるまでに、キュロットを用意しておくことをおすすめします❤

 

靴は乗馬ブーツがおすすめ

靴は、最初のうちは運動靴で代用できます。

軽速歩など鐙の上で立ちすわりをするときは、乗馬ブーツを履いた方が乗りやすいです。

 

乗馬 足まわり2点セット
created by Rinker

 

ヘルメット・プロテクターは必須!

乗馬をするときには、馬から落ちるリスクに備えてヘルメットやプロテクターで安全を確保することが大切です。

乗馬クラブでレンタルすることもできますが、何度も使う場合は自分のものを用意するのがおすすめです❤

 

KED 乗馬 ヘルメット PASO
created by Rinker
乗馬 エアバッグ プロテクター
created by Rinker

 

 

まとめ

乗馬レッスンを受けるときの基本の服装についてまとめました。

 

  • トップスは襟付きのシャツを着よう
  • ボトムスは足首が隠れる長いズボンを履こう
  • 靴は運動靴か乗馬ブーツを履こう
  • ヘルメットとプロテクターで安全確保は必須!

 

ポロシャツやスキニージーンズ、運動靴は家にあるものでじゅうぶんです(・o・)❤

乗馬に慣れてきたらキュロットやブーツなど、馬具をそろえていくと、より乗馬が楽しめると思います!

 

乗馬スタート基本5点セット
created by Rinker

Twitterで更新情報をお届けします