「もったいないから服を捨てられない」と感じる理由&対処法

古い服だけど、まだ着れるしすてられない。
もったいないし、家の中でしか着ないから。
自分しか見ないし、別に適当な服でいいや。

 
・・・そんな風にモノを残すことは、自分を大切にできていない証拠だと「あなたがあなたのためにできる最高のこと」に書かれていました。
 

今日から、人生が変わる! あなたがあなたのためにできる最高のこと【電子書籍】[ 上原愛加 ]
created by Rinker

 
 
こちらの本のメインテーマは「自分を大切にして、ハッピーを呼び込むためのプリンセスルール」と一見よくわからないことなのですが、かみくだくと自分を大切にするために断捨離が不可欠!といった内容でした。
 
「なるほど!」と思ったので、詳しく紹介していきます❤
 
 
 

ものの使い方で、自分を粗末に扱ってない?

  • 古い服だけど、どうせ自分が着るだけだから
  • すこし汚れている靴だけど、どうせ自分が履くだけだから
  • 趣味に合わない服だけど、どうせ家で着るだけだから

そんな風にモノを使うことは、自分を粗末に扱っているのと同じだそうです。
 
わたしもそうなのですが、「家用だから(自分しか見ないから)いいや」と古い服を着続けてしまうのは、自分を大切にするという感覚が消えてしまっているのかもしれません。
 
自分を「価値ある存在」と認めていないから、どうでもいい服や古くなった服を平気で着ていられるらしいのです。
 
こんなモノの使い方をやめると、自分を大切にでき、自然と周囲も自分を大切にしてくれるそうです。
 
モノの使い方を変えるだけで、人生が好転するかもしれない・・・やってみる価値があると思いませんか?
 
 

自分を大切にするためにはどうしたらいいのか?

 
とはいえ、いきなり自分を大切にするのは難しいですよね。
 
自分を粗末に扱うことを無意識に日々行ってしまっているから、その自分の考え方を180度逆にするには時間がかかってしまいます。新しい視点を身に着けることのほうが手っ取り早いです。
 
そこで登場するのが「自分のなかのプリンセス」。
 
 

自分の中に、もう一人別の人が住んでいるという視点です。その人はプリンセスで、自分が大切にしてあげないといけない存在。

 
 
わたしたちは自分を大切にするより、他人を大切にするほうが得意です。自分にプレゼントをあげた回数と、他人にプレゼントをあげた回数を比べてみると一目瞭然かと思います。
 
だから、自分の中に住むプリンセスにプレゼントするつもりでモノを使ったり、買ったりしてみましょう
 
古い服、汚れた靴、売れ残りのセール品・・・どれもプリンセスには相応しくないですよね。
 
きれいな服、きれいな靴、皆が欲しがっている新商品じゃないと、プレゼントできません。
 
プリンセスに相応しくないもの(=自分の価値に見合わないもの)は自分を大切にするために捨てて、プリンセスにぴったりのものをそろえていく。
 
この「自分の中にプリンセスが住んでいる設定」で、自分を大切にするためのコツが身についていきます❤
 
 

「もったいない」をやめていこう

「もったいないから」「まだ着られるから」という理由だけで、なかなか古い服を捨てられない人は多いと思います。
 
わたしもそうです。まだ使えるものを捨てるのには抵抗があります。
 
でも、古い服を着続けることは、モノを大切にできていても、自分を大切にはできていません。モノより自分のほうが圧倒的に価値があるはずなのに。
 
わたしはこれから断捨離中にもったいない・・・と思った時は「自分を大切にするため!」と考えてみようかなと思います。
 
 

 
 

まとめ

  • もったいないからという理由だけで古いモノを使うことは、自分を粗末にしているのと同じ。
  • 自分の中の別人格(プリンセス)にプレゼントするつもりでモノを使うと、自然と自分を大切にできる
  • 別人格(プリンセス)に相応しくないから、という理由で断捨離することで、幸せになれる可能性が高くなる
もっと詳しく知りたい方は、是非本を読んでみてください❤
今日から、人生が変わる! あなたがあなたのためにできる最高のこと【電子書籍】[ 上原愛加 ]
created by Rinker
Twitterで更新情報をお届けします