【IPO当落まとめ】資金100万・6口座でも当選できた!

・IPOを始めてみたけど全然当選しない・・・

・IPOに当選するのってお金持ちだけなのかな?

こんな風に悩んでいる人は少なくないのではないでしょうか?

IPOってなかなか当たらなくてめげそうになりますよね(>_<)

 

わたしは2018年の5月から資金100万円でIPOに参加しています。

当たらない日々が続いたものの、振り返ってみるとそこそこ当選できたな~という印象です。

 

この記事では資金100万円でIPOに参加したら実査にどれくらい当選できたのか、私個人のデータを公開します。

IPO初心者の方の参考になれば嬉しいです。

 

 

わたしのIPOのやり方(2018年)

  • IPO資金は100万円+予備50万円。
  • IPO用の証券口座は大和証券、SBI証券、みずほ証券、SMBC日興証券、野村証券、楽天証券

 

IPOの参加経歴

わたしは2017年末からIPOに参加しています。

最初は30万円程度の資金しか準備できず、最初に開設したSBI証券でコツコツと落選し、SBIチャレンジポイントを貯めるだけでした。

 

みずほ証券・大和証券・野村証券・SMBC日興証券と複数の証券口座を開設して、本格的にIPOに参加し始めたのが2018年5月に上場した「ラクスル」からです。

このころの資金は80万円程度、2018年7月からはボーナスを資金に追加して100~120万円でIPOに参加しています。

 

IPOの参加スタンスの決め方

わたしはIPO資金が少ないので、あらかじめIPOスケジュールを確認して計画を立てています。

IPOの参加スタンスは「96ut.com」の初値予想を参考に決めてます。

  • IPO評価が「D」のものは見送り
  • IPO評価がC以上のIPOは原則参加
  • 資金の使い回しが可能な証券会社に狙いを定めてます。

 

 

2018年に当選した銘柄・利益まとめ

資金100万円でIPOに参加して、約半年で当たったIPOについてまとめると以下の通りです。

 

●ラクスル(初値売りで+1.45万)

みずほ証券と大和証券で100株ずつ当選。

●伊藤忠アドバンスロジティクス(初値売りでー0.37万)
SMBC日興証券と大和証券で100株ずつ当選。

●SBIインシュアランスグループ(初値売りで±0円)
みずほ証券とSBI証券で100株ずつ当選。

●プリントネット(初値売りで+6.41万円)
みずほ証券で当選。

●ソフトバンク(初値売りでー3700円)
みずほ証券と大和証券で当選。

●レオス・キャピタルワークス(上場延期)
みずほ証券で当選。

 

公募割れ案件も含めると、合計6銘柄・1000株当選しています!

たまたま運がよかったのかもしれませんが、資金100万円でも利益の出る銘柄を当選させることができました❤

 

 

まとめ

IPOはなかなか当たらなくていやになるときもありますが、B級以上の銘柄に当選できるととても嬉しいです❤

証券会社の開設さえすませればあとはコツコツ参加するだけです。

落選が続いてもめげずに参加することが大切だと思います。

Twitterで更新情報をお届けします