「アイスクリン」とアイスの違いは?由来と作り方を調べてみた

「アイスクリン」というアイスクリームをご存知でしょうか?

わたしは先日初めて食べたのですが、バニラアイスのようなシャーベットで、不思議な味わいでした。

どこか懐かしく、溶けはじめると甘みが増しておいしかったです!

 

食べ終わってから「アイスクリンって結局なに?アイスとは違うの?」という疑問がわいてきました。

そこで「アイスクリン」の由来や作り方についてまとめてみました(・o・)❤

 

 

 

アイスクリンとは?

アイスクリンの由来・発祥は?

アイスクリンとは、「アイスクリーム」の昔の呼び名です。

1860年に渡米した使節団がアイスクリームを食べたときに「あいすくりん」と呼び、日本ではじめてアイスクリームを販売したときの名称も「あいすくりん」だったそう。

要はリスニングがままならなかったということでしょう。

 

 

アイスクリンはどんなアイス?

昔は「あいすくりん=アイスクリーム」という意味でした。

いまでは、牛乳のかわりに卵と脱脂粉乳を使って作ったアイスクリーム風のシャーベットが「アイスクリン」と呼ばれています。

 

アイスクリンは、高知県・沖縄県ではよく売られているそうです。

全国的にみればローカルなアイスクリームなので、「ご当地アイス」という認識が一般的です。

 

一部のアイスクリームメーカーは「昔なつかしアイス」と称してアイスクリンを販売しています!

オハヨー乳業 昔なつかしアイスクリン
created by Rinker

 

このようにコーンカップに盛られているのがアイスクリンの本来の姿だそうです。

よさこいアイスクリン
created by Rinker

 

 

アイスクリンの作り方は?

アイスクリンの材料は主に以下の3つです。

 

  • 脱脂粉乳
  • 砂糖

 

材料はとてもシンプルですね。

家庭に常備してあるものでできるので、さまざまな手作りレシピが公開されています。

 

作り方は材料を混ぜて凍らせるだけなので、思いついた時にすぐにできそうです❤

 

くわしい分量や作り方のコツは以下のレシピをご覧ください。

懐かしの☆アイスクリン♪ by けゆあ

 

バニラエッセンスなどの香料を加えるとよりおいしくなりそうです❤

 

 

 

 

アイスクリンを食べてみた感想

わたしが初めて食べたアイスクリンは、アイスクリンが定番化している高知県で作られた「高知アイス」というブランドのアイスクリンをいただきました。

 

あっさりしているアイスクリン。
created by Rinker

 

 

味はあっさりしていて、薄いなぁ…と感じてしまうほどでした。

でも口のなかで溶かすと、バニラアイスのような甘みがでてきておいしかったです!

 

「高知アイス」というブランドは、「私にはアイスクリンを届ける使命がある」という創業者の思いから始まっているそうです。

初めて食べたけど、これがきっと完成されたアイスクリンの味わいなのだろうなぁと思いました。

 

ちなみに、高知県いの町にふるさと納税の寄付をすると、返礼品として「高知アイス」のアイスクリームセットを選ぶことができます。

 

【ふるさと納税】高知アイス
created by Rinker

楽天市場限定です。

 

お得に「アイスクリン」を食べてみたい方はぜひチェックしてみてくださいね❤

Twitterで更新情報をお届けします