結婚で退職。失業保険を貰うか扶養に入るかどっちが得?

結婚をきっかけに退職したら、扶養に入るか失業保険を貰って転職活動をするか悩みますよね。

バリバリ働きたいなら失業保険を貰いながら転職活動をすることになりますが、「扶養内でのんびり働こうかな…」と考えている人も正直多いのではないでしょうか?

 

この記事では、失業保険を貰うか扶養に入るか、どっちが得なのかを考えていきます。

考えた末、実際に寿退職をして失業保険を貰うことにしたわたしのリアルな体験談もまとめていきます。

 

失業保険を貰うか扶養に入るか、どっちが得なのか

そもそも失業保険は「働く意思のある人」が対象になるものです。

「専業主婦がいい。働きたくない」と考えている場合に失業保険を受け取ると不正受給になるのでダメです。

 

ここでは何かしらの仕事を探すことを前提に、扶養に入るのか失業保険を貰うのかを考えていきます。

転職活動は扶養に入りながらでもできますからね。

 

扶養に入るなら税金・社会保険料が浮く

扶養に入る一番のメリットは、税金や社会保険料(年金、健康保険料)を払わなくて済むということです。

税金も年収103万円未満なら払う必要がありません。

 

ただし、退職前の収入がある場合は確定申告を行い、所得税・住民税を納める必要があります。

退職前の収入が103万円より多い場合は、扶養に入るメリットがやや薄れるといえます。

 

 

失業保険を貰っているあいだは社会保険料の納付が必須

一方、失業保険を貰っているあいだは社会保険料を納めないといけません

  • 国民年金保険
  • 国民健康保険

この2つを払う必要があります。

 

国民健康保険については、退職した会社で入っていた健康保険の任意加入被保険者になることもできます。

 

国民健康保険料は、収入と居住地によって変わります。

以下のサイトで目安金額を計算できます。

あなたの年齢と年収からお住まいの市区町村の国民健康保険料を自動計算します。…

 

わたし
わたしは月に約17000円という結果でした。

 

 

国民年金保険料は一律です。

以下のサイトで確認できますが、2019年現在は月に16410円です。

 

失業保険を貰っているあいだ、わたしの場合は月に約34000円の社会保険料を支払う必要があります。

扶養に入っていたら払わなくていいお金なので、一見すると扶養に入るほうがお得な気はします。

 

でも、社会保険料より多くの失業保険を貰えるとしたら、失業保険を貰うほうがお得です。

 

わたし
わたしの場合だと、月に34000円以上の失業保険を貰えるかどうかが判断の分かれ目になります。

 

失業保険はいくら貰えるのか確認してみましょう!

 

 

失業保険はいくら貰えるの?

失業保険の受給額は、退職前の収入・雇用保険の加入期間・年齢などによって変わります。

ハローワークで判断されますが、目安は以下のサイトで計算できます。

 

 

わたし
わたしは90日間で48万円貰えるという結果でした。

 

社会保険料3か月分よりも多くの金額が貰えるので、失業保険を貰ったほうが得だという結果です。

失業保険の待期期間(3か月)も含め、合計6か月分の社会保険料を支払った場合でも、失業保険のほうが多くなります。

 

 

 

 

寿退職をしたあと、失業保険を貰うことに決めた話

専業主婦生活が自分に合ってなかった

わたしは仕事をやめてから2週間ほど専業主婦生活を送っていたのですが、専業主婦は性に合わないと気づきました。

仕事をしているときは早く辞めたいと思っていたのにふしぎなものです…

 

実際に計算してみて、扶養に入るよりも社会保険料を払ってでも失業保険を受けるほうが金銭的なメリットが大きいこともわかりました。

失業保険を受けながらお仕事探しをしようと思います。

 

 

在宅ワークも続けていきたいという葛藤

今はクラウドワークスなどを通じて在宅ワークをしています。

主に文章を書く仕事です。

 

受注できるお仕事も増えてきて「ちょっと軌道にのってきたかな?」という状況なので、在宅ワークも続けていきたいです。

在宅ワーク:外での仕事=1:2くらいで働いて行けたらと考えています。

 

失業保険を受けているあいだも在宅ワークをしたいのですが、上限があるみたい。

ルールを破らないようにハローワークで情報収集してきます。

 

 

 

まとめ

結婚退職した後、扶養に入るか失業保険を受けるかどちらが得なのか調べてみました。

実際に計算してみると、わたしの場合は失業保険を受ける方が得だということがわかりました。

とはいえ人それぞれの状況によって変わるので、念のため計算してみてくださいね。

Twitterで更新情報をお届けします