何もすることがない休日の過ごし方。本屋さん・図書館がおすすめ

何もすることがない休みの日、わたしは図書館や本屋さんに行くことが多いです。
お金をかけることなく時間を有意義に使えるので気に入っています(・o・)❤
この記事では、その理由を詳しく書いてみます。

  • 予定のない休日はぼーっとして終わってしまう・・・
  • ぼっちだと休日を楽しく過ごせない・・・
  • ひとりで過ごすのに、お金をあまりかけたくない・・・

という方の参考になればうれしいです(・o・)❤

暇な休日にオススメの過ごし方

本屋さんを散歩する

本屋さんは広ければ広いほどいいです。
自分の興味・関心があるコーナーを回るのも楽しいし、今まで気にも留めていなかったジャンルの本も手に取ってみるとわくわくしたり…自分の世界が広がるので、わたしの大好きな暇な休日の過ごし方です!

「なんとなくモヤモヤする」「イライラする」というときには、本屋さん散歩は気分転換になるだけでなく、そのモヤモヤを解決するヒントを見つけられることがあります。
ビジネス書・実用書コーナーがおすすめです。
背表紙や帯でハッとすることがありますよ。そんな本は、目次だけでも立ち読みする価値ありです。

本屋さん散歩はぼっち休日に最適です。
逆に、誰かといっしょにいると、本屋さん散歩は集中できません。
気になる本があっても、コンプレックス克服系の本など人に知られたくない場合はスルーしてしまったり・・・。
ぼっちなら、自分の好奇心のおもむくまま。好奇心がヒットするまでぐるぐると本棚を歩き回り、ピンときたら立ち止まる。そんな自由はぼっちだからこそです。

図書館へ行こう。何も持たずに

わたしは何も予定がない休日は図書館にいくのが定番です。
小さな図書館でも知らない本がたくさんあって、読み切ることはいくら時間があっても無理だろうなぁ。

図書館の魅力は、深く、深く読めることです。

あるジャンルの本を『片っ端から読む』というのは、知識の穴を深く掘って行く感覚です。

わたしが以前片っ端から読んだジャンルは、マネー本でした。
何冊も読むと、『どの本にも共通して書いてあること』がわかってきます。
何回も繰り返し同じことを読むことで、今まで知らなかった物事の本質がじぶんの価値観に組み込まれていくのが面白いです。

本はじぶんの世界を広げてくれますが、何10冊も本を書有することはスマートじゃないですよね。
もちろん、何度も読みたい本は購入しますが、ジャンルをつきつめて読みたい時は、図書館に頼っています。

まとめ

わたしは暇な休日はもっぱらブログを更新するか、本を読んでいるかです。
お金をかけずに充実した時間を過ごせるのでとても満足しています❤
すこしでもいいな、と思った方は、次の休日にぜひ本屋さんや図書館に行ってみてください(・o・)❤

Twitterで更新情報をお届けします