FP3級の独学勉強法。早めに「FPの問題集」を解いて苦手対策をしよう

  • 2019年4月17日
  • 2020年5月22日
  • 雑記

わたしは最近、FP(ファイナンシャルプランナー)3級の資格をとりたくて、独学でお金の勉強をがんばっています。

4月1日から毎日30分の勉強時間をとって、16日間かけてようやく「FPの問題集」の1周目を終わらせることができました。

 

この記事では、「FPの問題集」を1周して感じたことをまとめています。

 

  • FPの勉強ってどんなふうにしたらいいのかな?と悩んでいる方
  • FP3級の勉強を独学している人のリアルな体験談が知りたい方

にオススメの記事となっています❤

 

 

わたしが「FPの問題集」を1周して感じたこと

わたしがFP試験の勉強に使っている参考書と問題集はTAC出版のものです。

 

 

必要な情報がわかりやすくまとまっていて、使い勝手がよいです。

実際にこれらを使って勉強した感想を書いていきますね。

 

 

「FPの教科書」を読んだら知識0からでも大丈夫

 

わたしは学生時代に経済の勉強をしたことはいっさいありません。

投資をしたり、マネー系のブログを読んだり・書いたりと、お金のことに興味がある…というレベルです。

 

それでも、1日30分・16日間の勉強で「FPの問題集」を一周することができました

約8時間ですね。

 

FP3級の試験は「入門編」といった位置づけなのもあり、問題集を解いていて「まったく歯がたたない」とは感じませんでした

「FPの教科書」に目を通してから問題を解けば、「さっき読んだな」という風にスラスラと解けることがほとんどでした。

教科書を読んで難しく感じていた計算問題でも、実際に問題を解きながら理解を進めることもできました。

 

教科書の内容を暗記してから問題を解くよりも、「問題集でわからないところがあったら、教科書を読みながら解いてみる」というスタンスのほうが効率的に勉強できると思います❤

 

 

FP試験の難易度(苦手分野・得意分野)がわかってきた!

問題集を一周してみて、FP試験の出題分野ごとの難易度をつかむことができました。

 

わたしが難しいなと思ったのは「不動産」です。

日常生活で不動産の契約などに触れることがないのでイチから学ばないといけないし、用語のイメージがつかめません。

「リスクマネジメント(保険)」や「ライフプランニングと資金計画(年金)」も同じくです。

 

「金融資産運用」はとっつきやすいものの、問題の難易度が6分野のなかで一番高いと思いました。

言葉の意味や基本的なことはわかりますが、より専門的な知識が問われている感じです。

 

意外と簡単だなと感じたのは、「タックスプランニング」と「相続・事業承継」です。

計算問題が中心なので、考え方をつかめばさくさく解けます。

 

特に、遺産の分配の問題はちょっとしたクイズみたいで楽しいなと思いました❤

 

 

知識を定着できるのは「学科」よりも「実技」の問題

FPの試験は基礎的な知識が問われる「学科」と応用問題(文章問題?)の「実技」にわかれています。

 

実際にどちらも解いてみて、「学科」よりも「実技」のほうが解きやすいと感じました。

お金の知識を使う場面が具体的になって、イメージがしやすいからです。

 

基礎ができてから実技を解くのが一般的な順番ですが、実技をときながら基礎を身につけるほうが勉強が楽しく感じられそうです。

 

 

 

「FPの問題集」の2周目は、勉強法を変えようかな?

「FPの問題集」の1周目は、どんな問題がでるのかをつかむことを目標に勉強をしていました。

とにかく問題をカンでもいいから解いてみて答え合わせをして、さくっと復習するという感じ。

 

f:id:migaruhack:20190417212550j:plain

 

こんなふうに、ノートに答えだけを書いて、間違えた問題は「答えの本」にチェックを入れていました。

 

f:id:migaruhack:20190417212618j:plain

 

2周以上する予定だったので、問題集そのものはまだ新品の状態です。

 

f:id:migaruhack:20190417212554j:plain

 

2週目は問題をときながら知識を定着させていきたいです。

問題集を1周してみて、「3周する必要はないかな?」と感じたので、2周目は問題集にガッツリ書き込みながら問題を解いていきます。

 

 

まとめ

わたしが「FPの問題集」を1周して感じたことをまとめました。

 

  • 教科書を読み込むより、問題をどんどん解いた方が効率よく知識を定着できる
  • 苦手分野・得意分野もつかむことができるので、早めに解いた方がいいか

 

わたしは問題集を読んだときは「タックスプランニング」が難しく感じましたが、いざ問題を解いてみるとラクにできることがわかりました。

逆に「金融資産運用」は知っている知識ばかりで簡単だと思っていたのに、問題は想像よりも難しくて驚きました(>_<)

 

FP試験の難易度を把握して効率的に勉強するためには、教科書をすみずみまで読むことにはこだわらず、早めに問題集に手をつけることをオススメします❤

 

Twitterで更新情報をお届けします