FP3級試験の受験体験談。当日の過ごし方や注意点・必要な持ち物

わたしは2019年5月にFP3級(ファイナンシャルプランナー3級)の試験を受けてきました。

個人申込で試験を受けるのは小学生のころの英検以来でちょっとどきどきしましたが、無事に終わりました❤

 

「これからFPの試験を受けるけど、どんな流れで進むのか知っておきたい」と感じる方は多いと思います。

わたしも心配性なのでよくわかります…!

この記事では、私が受けた「きんざい」の2019年5月年度の試験をもとに、FP3級試験の当日の流れやオススメの過ごし方についてまとめていきます。

毎年行われている試験で大まかな流れは同じかと思うので、参考になればうれしいです❤

 

  • もうすぐFPの試験だけど当日が不安…と悩んでいる方
  • FP3級試験の当日の流れや注意点が知りたい方
  • 明日はFPの試験だけど、忘れ物がないか不安…と悩んでいる方

にオススメの記事となっています。

 

 

FP試験当日の持ち物チェックリスト

FP試験当日に絶対に必要な持ち物は以下の3つです。

  1. 受験票+証明写真
  2. 筆記用具
  3. 電卓

 

なるべく持って行ったほうがいい持ち物は以下の通りです。

  • 時計
  • 参考書、ノート
  • 飲み物、昼食
  • 体温調節ができる服

詳しく書いていきますね!

 

受験票に証明写真を貼っておこう!

f:id:migaruhack:20190527214819j:plain

 

受験票がないとFP試験を受けることができません。

きんざいの場合、緑色の封筒に入って試験日の2週間前くらいに自宅に郵送されます。

 

注意したいのが、受験表に本人確認ができる証明写真を貼らないといけないということです。

学科試験・実技試験それぞれに1枚の写真を貼る欄があります。

 

もし忘れた場合は、当日に事務局で手続きをしたら試験を受けられるようです。
でも、余計な手間なので忘れずに用意しておきましょう。

 

わたしはスマホの「履歴書カメラ」というアプリを使って証明写真を用意しました。

 

f:id:migaruhack:20190527214818j:plain

 

 

スマホで自撮りをして、コンビニで印刷するだけで証明写真っぽい写真が作れて便利でした。

コンビニでのカラー写真の印刷代はたった30円なので、1枚当たり10円以下で証明写真を用意できるのでとてもオススメです。

 

 

筆記用具は鉛筆かシャーペンと消しゴム

FP試験を受けるときに必要な筆記用具は、鉛筆もしくはシャープペンシルと消しゴムです。

 

ただし、氏名・住所に変更があった場合は「ペン」での訂正が必要です。

結婚などで個人情報が変わった方は、ボールペンを持っていきましょう。

 

 

電卓はなくてもいい?あったほうが便利

FP3級の計算問題は電卓がないと解けないというわけではありません。

足し算・引き算・かけ算・割り算の組み合わせなので、筆算で解けます。

 

ただ「電卓持ち込み可」なのに持ち込まないのはもったいないです。

とくに実技試験は試験時間が短いので、電卓を持って行った方が安心です。

SHARP 電卓50周年記念モデル
created by Rinker

 

 

スマホ・携帯電話を電卓代わりにすることはできないので注意してください。

時計は試験会場にあるかも?持参するのが無難

試験時間を確認する時計は、試験会場によってある場合・ない場合があります。

大学の教室だと時計があるかと思いますが、基本的には腕時計を持参するのが無難でしょう。

CASIO カシオ スタンダード 時計 チープカシオ
created by Rinker

 

スマホや携帯電話を時計として使用することはできないので注意して下さい。

使い古した参考書・ノートなど暗記グッズ

試験直前に暗記事項を見直すために参考書を持っていきましょう。

細かい数字が問われる問題がいくつか出るため、直前に見ておくことで解ける問題もあります。

 

試験前になると気持ちが焦って「どこを見直そう?」と慌ててしまうので、事前に見直したい場所をピックアップしておくことをおすすめします。

飲み物・昼食を用意しておくと勉強時間が確保できる

飲み物や昼食はコンビニなどで事前に調達しておくべきです。

休憩時間はありますが、のんびりごはんを食べているとあっという間です。

直前の詰め込み勉強に時間を使いたい方は、昼食を持参してさっと済ませるようにしましょう。

 

 

空調は当日までわからない。上着を持っていこう

試験会場の空調の様子は、当日にならないとわかりません。

わたしは5月に試験を受けたのですが、空調がいっさいききませんでした。

暑い日だったので「冷房がきついかな?」と思い上着を持って行ったのですが無駄になりました。

 

どんな環境でも対応できるように体温調節できるアイテムを持っていきましょう。

 

 

 

FP3級試験の当日の流れ・おすすめの過ごし方

学科試験が始まるまでの流れ

まず午前中に「学科試験」が行われます。

 

試験時間は10時から12時までの120分間です。

試験会場への集合時刻は開始20分前の「9時40分」でした。

 

集合時刻になると、飲み物や参考書をしまうように指示され、解答用紙となるマークシートが配布されます。

マークシートには既に受験番号と氏名が印字されていましたが、自分で署名する欄がありました。

 

結婚などで氏名が変わった場合は訂正してください、とのことでした。
受験票に印字されている住所や生年月日に訂正があった場合も、同じくこのタイミングで直せます。

 

試験の注意事項の説明のあと、試験問題が配布されました。

試験開始まで10分ほどぼーっと過ごすことになり、けっこう暇だなぁと感じました。

 

ちなみに、遅刻する人が結構多かったです。とくにペナルティはなさそうでした。

 

 

意外と直前に参考書を読み直す時間がなかった

わたしは9時に試験会場に到着して参考書を見直そうとしていたのですが、会場についてからトイレに行ったり飲み物を飲んだりしているとすぐに時間になってしまいました。

 

集合時刻になると参考書が見れなくなるというのが計算外でした(>_<)

もうすこし早起きをして、会場近くのカフェで勉強する時間を確保すればよかったです。

 

試験範囲が広いので、30分ではとてもすべての事項を確認しきれません。

「FPの教科書」をばーっとめくって確認したのですが、今思えば直前で暗記したい事項のページにふせんを貼っておくべきでした。

 

「不動産の税金」や「贈与税の特例」など細かい数字の暗記が必要になる部分をチェックするのがおすすめです。

 

f:id:migaruhack:20190527193116j:plain

 

あとから気づいたのですが、「FPの教科書」よりも「FPの問題集 回答解説編」のほうが重要事項がぎゅっとまとめられています。

直前の時間は「FPの問題集 回答解説編」を見たほうがいいかもしれません。

 

 

学科試験開始!1時間たったら退出できる

学科試験の制限時間は120分ですが、1時間経ったら途中退出ができます。

 

わたしは30分程度ですべて問題を解き終わったので、けっこう退屈に感じました。

全体的にそんな雰囲気で、多くの方が1時間で退出していました。

 

問題を解き終わってから退出するまでは、マークシートの記入もれがないかをチェックしたり、「確信をもって答えを選べなかった問題」をもう一度考えたりしていました。

 

「わからない問題」を見直すべきかどうかは微妙に感じます。

数字を問う問題など、考えてもしかたがないからです。

「わからないなぁ」と思っていても、直感で選んだものが意外と合っているということはよくあります。

 

 

学科試験が終わってから実技試験までの過ごし方

午後の実技試験の開始時刻は13時30分からでした。

 

11時に学科試験を途中退室すると、2時間ほど時間があくことになります。

わたしは近くのファミリーレストランで食事をとりつつ、学科試験の答え合わせを簡単にして、実技試験の対策をしていました。

 

実技試験の対策は「FPの問題集」の実技のページを見て、頻出の計算問題の公式をチェックしました。

意外と時間が足りなかったので、がっつり勉強時間を確保したい方は、外食をしないほうがいいです。

コンビニなどで昼食を買っておいて、試験会場内で簡単に済ませることをお勧めします。

 

「学科試験の答え合わせはせずに、実技試験の対策をするべきだ!」という意見もありますが、わたしは学科試験の答え合わせをしてよかったと思っています。

 

単純にわからなかった問題の答えが気になるから参考書をチェックしていただけなのですが、午後の実技試験で、学科とまったく同じ選択肢がでたからです。

ちょっとビックリしました。

 

 

実技試験は途中退室ができない

実技試験は、13時30分から14時30分までの60分間の試験です。

学科試験とは違い、途中退室はできませんでした。

 

30分程度で一通り解き終わりましたが、問題文や状況設定をじっくり読み直しつつ見直していると、すぐに時間がたちました。

学科試験のように「暇だなぁ」と感じる時間はなかったです。

 

「実技は時間ギリギリだった」という人も多そうです。

過去問を解くときに、60分以内に解く練習をしておいたほうがいいかもしれません。

 

 

 

FP3級試験を独学で受けた感想

わたしは独学でFP3級の試験を受けました。

学科・実技ともに初受験です。

 

直前の詰め込み勉強があまりできなかったこともあり、試験中は「やばい…わからない…」という問題がいくつかでてきて不安でした。

 

きんざいのFP試験の模範解答は、当日の17時半にホームページで公開されます。

ドキドキしながら自己採点をしたところ、合格ラインをクリアできていました!

 

  • 学科試験・・・60点中53点
  • 実技試験・・・50点中47点

 

せっかくなので、FP2級の試験にも挑戦したいと思います❤

 

Twitterで更新情報をお届けします