最短24時間で終わる!FP3級試験、おすすめの独学勉強法

わたしは2019年5月にファイナンシャルプランナー(FP)の3級の試験を受け、学科・実技ともに9割ちかくをとることができました❤

 

わたしはお金について興味があるというだけで、専門的な勉強をしたのははじめてでした。

独学で受かるか不安でしたが、無事に合格できてよかったです(・o・)❤

 

この記事では、FP3級試験を受けるにあたって、私が独学で勉強した方法・手順をくわしくまとめています。

 

  • 独学でFP3級試験を受けたいけど、合格できるのかな…と悩んでいる方
  • FP3級試験に最短で合格する方法が知りたい方

にオススメの記事となっています❤

 

「これからFP3級受験のための勉強をするつもりだけど、何から手を付けようかな?」とか「自分なりに勉強をはじめたけど、勉強法があっているのか不安…」と迷っている方はぜひ読んでみてください(・o・)!

 

 

FP3級試験、独学で9割とれた私の勉強方法まとめ

実はわたしは学生時代から、「試験勉強」が得意なタイプです。

「頭がいい」というわけではありません。試験が終わったとたん、覚えたことを忘れてしまいます。

 

小さいころから「進研ゼミ」を習っていて、試験勉強のやりかたを洗脳のごとくイチから叩き込まれたので、私の勉強の仕方は王道で誰にでもマネができるものだと思います。

 

  • 1つの参考書を使いつぶすこと
  • 過去問を徹底的にこなすこと

この勉強スタイルで、FP3級の試験もいい感じにクリアできました(・o・)❤

 

それでは具体的な勉強方法を書いていきますね。

 

参考書(FPの教科書)を一通り読む

まずは参考書として「FPの教科書」を購入しました。

「FPの教科書」は優しい言葉遣いで、イラストも多いので初学者にはぴったりだと思います❤

 

ひとまず、参考書を一通り読みました。

理解できないところや「難しくて読んでいると眠くなる…」と感じるところもしばしばありましたが、とにかく読みます!

 

この段階で細かい部分を暗記する必要はありません。

「こういうことを理解しないといけないんだなぁ」というふうに、ざっくりと全体像をつかめればOKです。

 

 

「FPの教科書」を1章ずつ読み、「FPの問題集」を解く

 

「FPの教科書」はFP3級の試験範囲が次のようにわけられています。

  1. ライフプランニングと資金計画
  2. リスクマネジメント
  3. 金融資産運用
  4. タックスプランニング
  5. 不動産
  6. 相続・事業承継

 

効率よく勉強するために、教科書を1章読んだら、その章の問題を解くことにしました。

学科・実技の問題がありますが、学科を解いたら流れで実技の問題も解きました。

 

参考書を読みたての知識ほやほや状態で問題を解くことで「なんだっけ?忘れた…」ということが減り、問題をサクサク解けて理解度が深まりました

 

「参考書を読む⇒問題を解く(学科・実技)⇒答え合わせ」というのを1セットにして、1章ずつクリアしていきました。

 

この段階で全問正解を狙う必要はまったくありません。

「こういう問題が出るのか」ということがわかればOKです。

 

問題集は「FPの教科書」と同じシリーズの「FPの問題集」を購入しました。

どんな参考書を選ぶにせよ、同シリーズの問題集を選ぶといいと思います。

「FPの問題集」を一通り解く(2周目)

問題集の1周目は「どんな問題がでるのか理解すること」を目的に取り組みましたが、2周目は「知識を定着させること」に重点を置きます。

 

2周目は教科書を読まずに問題集をどんどん解いていきました。

事前にインプットをしないことで「定着していること」「あやふやで忘れてしまったこと」がハッキリします。

 

答え合わせをしたあと、間違った部分については教科書をしっかり読みます。

「なぜわからなかったのか」を解消するために読むので、インプットが効率的にできます❤

 

 

FP3級試験の過去問を1年分解く

問題集を2周解き終わったら、FP3級試験の過去問を実際に解いてみました。

 

「FPの問題集」なら巻末問題としてついていますし、FP試験の実施団体のHPに過去問が掲載されています。

試験を受けるつもりで、時間を計って解き、自分の実力を把握します。

 

わたしはここで合格ラインの6割を超えられたので、ちょっと気持ちに余裕ができました。
「FPの問題集」を3周しようかなと思っていたのですがやめました。

 

 

FP3級過去問アプリで5回分の過去問を解く

最終のインプットとして、FP3級の過去問が解けるスマホアプリでどんどん過去問を解きました。

 

無料・有料といろいろなアプリがありますが、無料のもので大丈夫です。

わたしは「3級FP過去問解説集」というアプリを使いました。

解説が簡単な言葉でされているので、インプットが楽にできました。

 

最終的に、問題と答えを暗記してしまうぐらいまでやりこみました。

 

 

試験直前、参考書でとにかく数字を暗記する

試験直前は「FPの教科書」で細かい数字を暗記しました。

 

この段階になると「どんな問題が出やすいか」という頻出の範囲がわ

かってきます。

出やすいところや自分の苦手意識があるところを中心に、「FPの教科書」の赤字部分に赤シートをかぶせて暗記をしました。

 

「贈与税の特例」など、ややこしいところを徹底的にやりました(・o・)!

 

 

 

FP3級は何時間勉強すれば受かるのか?

わたしの勉強方法をまとめると、以下の通りです。

 

  1. 参考書(FPの教科書)を2周する
  2. 問題集(FPの問題集)を2周する
  3. 過去問を本番と同じように1年分解く
  4. スマホアプリで過去問を解く
  5. 試験直前は暗記に集中する

 

この勉強法で、試験本番は9割をとることができました❤

どれくらいの時間がかかったかは記録していなかったのですが、計算してみたので参考にしてください(・o・)

 

最短24時間の勉強で終わる!

仮定として、1章を勉強するのに1時間かかるとします。

 

  • 参考書1周目⇒6時間
  • 参考書2周目+問題集1周目⇒6時間
  • 問題集2周目⇒6時間
  • 過去問1年分⇒MAX3時間

 

過去問アプリに2時間、直前の暗記に1時間かけたとすると、合計で24時間です。

 

ざっくりですが、1日に2時間勉強できれば12日で終わる計算になります(・o・)!

 

わたしはダラダラと勉強していたので2か月かかってしまいましたが、集中すれば2週間あればじゅうぶんですね。

 

 

通勤・通学などスキマ時間を活用しよう

しかし「1日に2時間も勉強時間を作るのは無理…」と感じる方も多いでしょう。

まとまった勉強時間を確保するのが難しい方は、スキマ時間を活用するのがおすすめです(・o・)❤

 

  • 通勤時間でFPの参考書を読む
  • 15分あれば、スマホアプリで過去問を解く

 

限られた時間を捻出するのは大変ですが、工夫してみてくださいね❤

 

 

 

まとめ

わたしが行った独学のFP3級の勉強方法をまとめました。

FP3級は、参考書と問題集にまじめに取り組めば独学でもいい点数が取れます。

最短24時間の勉強で、9割とることも不可能ではありません。

こつこつがんばってみてください(・o・)!

Twitterで更新情報をお届けします