夫婦2人暮らしの食費を【月3万円】でのりきる節約のコツ6選

わたしはいま旦那とふたりだけで暮らしています。

ふたりとも食べることがすきなので、油断すると食費がとんでもない額にふくれあがりそう。

ほどよく節約するためにも「一か月の食費は3万円」と予算を決めてやりくりしています!

 

この記事では、夫婦ふたり暮らしの食費を3万円でのりきる節約のコツをまとめていきます。

ふたり暮らしの食費の目安や、やりくりのコツが気になる方の参考になれば幸いです^^

 

 

夫婦ふたり暮らしの食費を3万円でのりきる節約のコツ

食材費・外食費で予算をわける

食費「3万円」という設定は、過去3ヵ月の食費の記録を平均して決めました。内訳はこちら。

 

  1. 食材費(自炊に必要な野菜・肉・調味料など)……15000円
  2. 外食費(スーパーで買う惣菜・お菓子・酒などの嗜好品も含む)……15000円

 

「生活に必要な食材」と「お楽しみで食べるもの」に予算をわけているというわけです。

ごっちゃにしてしまうと無駄遣いがわかりにくくなるので、この分け方は食費のやりくりにおすすめ^^

 

「お菓子を買いすぎて食費がピンチ…」という事態も防げますよ♪

また、「外食したいから、お惣菜は買わずに自分で作ろう!」などやりくりのモチベーションも上がります。

 

行きつけスーパーのプライベートブランド品を活用

わたしの行きつけはおもに長野県に展開しているスーパーの「ツルヤ」です。

ほかにも業務スーパーに行くこともありますが、なにより家から近いので愛用しています^^

 

基本的にほしい食材のなかで「一番安いもの」を買うようにしています。

やはり安いのはプライベートブランドの商品。

ツルヤオリジナルのものや、「CGC」というメーカーのものをよく選んでいます!

 

有名メーカーよりも数十円安く購入できて、節約に貢献してくれます♪

 

野菜は種類にこだわらない。旬の安いものを選ぶ

野菜は季節によって高くなったり安くなったり、変動の大きい食材ですよね。

たとえば冬は大根や白菜が安く、きゅうりやなすが高い。

一年を通じてまんべんなく食べられたらいいかな…と思うので、そのときに安い、旬の野菜を選ぶようにしています。

 

また、レシピを決めてから買い物にいく食材費がかさみがち。

安かった野菜をもとにレシピを選ぶようにしています。

 

よく買う野菜はこんな感じです。

  1. たまねぎ
  2. じゃがいも
  3. にんじん
  4. もやし
  5. 葉野菜(キャベツ・レタス・白菜・カット済みの野菜ミックス)
  6. 青菜(こまつな・ほうれんそう・チンゲンサイ・水菜・春菊)
  7. きのこ(エリンギ・えのき・しめじ)

 

葉野菜と青菜、きのこはジャンル内なら代替可能なので、一番安かったものを買っています。

 

わたし
先日はいつも安いこまつなが高かったので、代わりにチンゲンサイを買いました!

 

かぼちゃやさつまいも、れんこんなどの根菜も好きですが、比較的高価。

常備やまとめ買いはせず「どうしてもれんこんの天ぷらが食べたい!」などと野菜メインの料理を作るときだけ買っています。

 

 

メイン食材は1g1円を目安に。豚こま肉、とり胸肉を活用

魚・肉と食事のメインとなる食材は、1g1円=100g100円以下を目安に購入しています。

豚こま肉やとり胸肉、ささみは100g100円を切ることもあり、重宝する食材です^^

 

とはいえ、安いとり肉はパサついて扱いずらいです。

とりのからあげなど「とりのジューシーさ」を楽しむ料理に使うと物足りなさを感じるので、注意が必要。

わたしはチキンカレーやシチューなど、とり肉がわき役のようになるメニューに使うようにしています。

 

月末は大豆製品と卵を使い回す!

ちなみに1ヵ月3万円では、月末になると食費がギリギリになります。

なんとか乗り切るために役立つのが、比較的安い大豆製品と卵です。

 

炒め物や汁物のボリュームアップに使えるし、工夫次第ではメインディッシュにすることも可能!

ただし豆腐ステーキなどお肉の代わりにするとちょっとさみしくなるので、ハンバーグのたねに混ぜ込むなど「かさまし」に使うのがオススメ。

 

薬味はまとめて冷凍しておく

ネギやしょうが、にんにくなどの薬味は、ふたり暮らしでは一度に使い切るのがむずかしいです。

冷蔵庫においておいては腐ってしまうため、買ったら一気に切って、まとめて冷凍するようにしています!

一か月ほど持つので、こまめに買い足すより経済的です^^

 

 

新婚夫婦の過去の食費の記録

 

いままでのふたり暮らしの食費の記録はこんな感じです。

食材費外食・嗜好品費
9月18725円15422円
10月18274円15687円
11月15084円15536円

 

1ヵ月の食費を3万円にしたのは11月から。

それまでは「食費+日用品で4万円」としていたのですが、平均額をもとに予算を調整したら食費をへらせました!

 

わたし
9月・10月は調味料をそろえたのも、食費がかさんだ理由です。

 

ちなみに。節約新婚夫婦の生活費予算を一挙公開

ちなみにですが、食費のふくめて生活費の予算をまとめてみました。

 

  • 内食費……15000円
  • 外食費……15000円
  • 日用品費…5000円
  • 車費……15000円
  • 家賃・光熱費……75000円

 

12万円ほどあれば、無理なく暮らしていけます^^

 

まとめ

新婚ふたり暮らしで食費を月3万円におさえるコツをまとめました。

安い食材を買うだけでなく、冷凍術を駆使するなど買った食材を使い切ることも大事です!

 

ちなみにもやしやささみ、豆腐など激安食材は便利ですが、使いすぎると食卓がさみしくなってしまいます。

「無理なく続けられる予算」を決めることがなにより大事だと思います^^

 

 

 

 

 関連記事

新婚2人暮らし・お小遣い制度なしの家計管理が難しい

新婚2人暮らしの生活費、予算の決め方を紹介!節約は2カ月目からがおすすめ

 

Twitterで更新情報をお届けします