遠距離恋愛から結婚する方必見!婚姻届・転入届・転出届の手続き方法と注意点まとめ

わたしは遠距離恋愛を経て結婚しました。

ずっと離れ離れだった好きなひとと暮らしていかれるようになったのはとても喜ばしいことなのですが、結婚の手続きがとっても大変でした。

 

婚姻届の手続きひとつとっても初めてのことで何が何やらわかりません。

ネットやゼクシィなどで情報収集しても、あくまで語られるのは一般論。

 

わたし
遠距離恋愛からの結婚に特化した情報は見つかりにくくて困りました。

 

 

けっきょく「調べてもよくわかんないから、実際にやってみてダメだったらそのとき考える…」という行き当たりばったりな感じで無事に手続きできました。

 

「これを知っておけばもっとラクだったなぁ」と感じることがたくさんあったので、これからわたしと同じように遠距離恋愛からの結婚をする方に向けて婚姻届・転入届・転出届の手続き方法と注意点をシェアしたいと思います。

 

遠距離恋愛から結婚!結婚の手続きの流れをふりかえる

「遠距離恋愛」とひとくちにいっても距離の長さはさまざまですが、わたしの場合は国内です。

自宅から彼の家(新居)まで電車で4~5時間かかる遠距離恋愛で、かんたんに自宅と新居の行き来ができません。

 

結婚の手続きの流れはこんな感じでした。

  1. 婚姻届の記入
  2. 転出届の提出
  3. 引っ越し
  4. 婚姻届の提出
  5. 転入届の提出

 

これが最適解というわけではなく、あくまでわたしの場合です。

「婚姻届を出す日」をゴールに手続きを進めるとわかりやすいかと思います。

 

婚姻届の提出のタイミングによって順番は変わりますが、やることは↑の5つです。

 

 

遠距離から結婚する場合の婚姻届・転入届・転出届の手続き方法と注意点

婚姻届の完成には時間がかかる。戸籍謄本も必須!

婚姻届の書き方については以下の記事に詳しくまとめています。

関連記事

わたしは先日、婚姻届けを書いたのですが、正直書き方がわからないので困りました(>_<)初婚なら初めて書くものですし、書き方を知る機会もないので、わたしと同じように悩んでいる方は多いのではないでしょうか。 […]

 

遠距離恋愛の場合は、婚姻届の完成までに時間がかかります。

まず2人でいっしょに書く時間をとるのが大変です。

2人だけで書き上げるということはできなくて、2名の保証人に記入してもらう欄があるのでこれがなかなか厄介。

 

保証人は友人や知り合いでもOKなのですが、双方の両親に書いてもらうケースが多いのではないでしょうか。

わたしたちも両親に書いてもらいましたが、書き始めてから完成まで2か月以上かかりました。

 

  1. 2人で必要事項を記入
  2. わたしの両親に保証人欄を書いてもらう
  3. 彼の両親に保証人欄を書いてもらう

という流れを2人が会える月イチの日にこなしていたからです。

丁寧に作業をすると時間がかかるので、なるべく早めにとりくむことをおすすめします。

 

 

また、遠距離恋愛から結婚するなら、基本的には戸籍謄本が必要。本籍地と旧住所・新住所が違う場合、戸籍謄本のとりよせには1~2週間かかります。

戸籍謄本は婚姻届を記入するときにも便利。結婚が決まったらすぐにとりよせておきましょう。

 

 

余談ですが、もし休日に婚姻届を提出する場合は、あらかじめ平日に市役所に行って事前確認をしてもらいましょう。

関連記事

婚姻届を提出する日は「結婚記念日」になるものです。「二人の思い出の記念日や大安吉日など、特別な日を選びたい!」という方は多いのではないでしょうか。 わたしももうすぐ婚姻届を提出するのですが、縁起のいい日どり[…]

 

実際にわたしも婚姻届を休日に提出しましたが、ただでさえ引っ越しと婚姻の手続きを同時に行うのでややこしいです。

間違いも起きやすいので、なるべく平日に提出することをお勧めします。

関連記事

わたしは先日、日曜日に婚姻届を提出してきました。 結論から言えば、無事に希望の日に婚姻届を受理してもらえたのでよかったのですが、わたしやっぱり平日に出すのが理想だったな…というのが正直な[…]

 

 

転出届の日付は転入届を出す日と統一する

引っ越し日の2週間前には、旧住所の市役所で「転出届」を提出しないといけません。

引っ越し後、新住所の市役所で「転入届」を提出して引っ越しの手続きが完了します。

 

転入届の手続きには、転出届を提出したときにもらえる「転出証明書」が必要です。ぜったいに忘れないようにしましょう。

 

引っ越しと同時に結婚するときに注意したいのが、転出日・婚姻届提出日・転入日のタイミングです。

遠距離恋愛をしていた場合、同じ日に引っ越しと婚姻届の提出をすませるのはなかなか難しいですよね。

 

  1. 転出日
  2. 転入日
  3. 婚姻届の提出日

と、どうしてもタイムラグが生まれます。

 

たとえば

  1. 1日に転出
  2. 2日に転入
  3. 5日に婚姻届の提出

この通りに書類を提出すると2日~5日のあいだ、2人は「同居人」という関係になります。

 

同居人になってから婚姻届を提出するなら、婚姻届の住所欄は新住所を書かないといけないので、最悪書き直しです。

 

手続きをスマートにすませるなら、婚姻届の提出と転入届の提出は同時にやるのがベストです。

タイムラグが生まれないようにするために、転出日と婚姻届の提出日を同じにしておくのがおすすめです。

 

関連記事

わたしは結婚&引っ越しを同時に行い、婚姻届と転入届を提出しました。そこで困ったことがひとつあったので、これから婚姻届を出す方の役に立つよう体験談をまとめておきます。 ・結婚をきっかけに引っ越す・引っ越し[…]

 

 

 

遠距離恋愛から結婚する方必見!婚姻届・転入届・転出届の手続き方法と注意点まとめ

遠距離恋愛から結婚する場合の結婚の手続き・注意点についてまとめました。

 

  • 結婚が決まったらまずは戸籍謄本を取り寄せておく
  • 婚姻届の記入は丁寧にやると時間がかかる。早めに着手!
  • 転出日・転入日・婚姻届提出日のタイムラグに注意。不安なら市役所で相談を。

 

引っ越しと同時に結婚する場合、一度にたくさんの手続きをしないといけないので大変です。

引っ越しの準備でバタバタしがちですが、なるべくゆとりを持って早めにとりくむことをおすすめします。

 

これから結婚式の準備を始める方にオススメの記事

最大35,000円分のギフト券がもらえる!結婚式場探しはマイナビウエディングサロン

Twitterで更新情報をお届けします