【文賢レビュー】在宅Webライターにおすすめ!レギュレーション確認が楽になる

わたしは在宅Webライターとして、執筆や校正の仕事をしています。

文章を書くのは好きなのですが、レギュレーションの確認が苦手です(>_<)

 

「この用語はひらがなで書く」「トンマナをそろえる」など最後に確認しないといけないのですが、丁寧にやるととても時間がかかってしまいます…

 

そこで、レギュレーションの確認を時短するために、有料校正ツールの「文賢」を使っています。

 

わたし
使用料金はかかるけど、時給換算するとかんたんに元がとれたので、気に入っています!

 

この記事では、文賢を1か月間使ってみた感想をまとめていきますね。

 

有料校正ツール「文賢」とは?

「文賢」とは文章の校正・推敲を自動でチェックしてくれる文章作成アドバイスツールです。

 

オンライン上のフォームに文章をコピペするだけで、

  1. 文章の間違いを見つける「校閲支援
  2. スムーズな読みやすい文章に変えるための「推敲支援
  3. 魅力的な文章にするための「文章表現

という3項目のアドバイスを受けられます。

 

具体例を見ていきましょう。以下の文章を「文賢」に通してみますね。

アボガドは健康に良い野菜の一つです。
食感や味などが苦手な人がいないとはいいきれませんが、調理の工夫次第でアボガドを美味しく食べることができるようになりますよ。

 

校閲支援でことばの使い間違いを防げる

まずは「校閲支援」に↑の文章をコピーしてみます。

 

 

ぱっと見では気づきずらい、「アボカド」を「アボガド」と誤って書いていたのを指摘してくれました!

 

ほかにも「音声読み上げ」の機能を使うことで間違いに気づけることもありますよ。

 

推敲支援で読みやすい文章に整える

次に推敲支援のツールを使います。

ふたたび文章を貼り付ける必要はなく、画面左側のタブをクリックするだけでOK。

 

 

ひらがなで書いたほうがよい単語と、冗長な表現を指摘してくれました。

アドバイス通りに書きなおしてみます。

 

 

わたし
すっきりと読みやすい文章に変わりました♪

 

 

文章表現でボキャブラリーを広げる

さらに「文章表現」のツールも使ってみます。

 

 

「美味しい」という言葉1つにさまざまな言い換え表現を示してくれました。

「どんなふうに表現していいかわからない」「同じ言葉ばかり使ってしまう」というときのヒントになりますね♪

 

おもな機能はこの3つですが、文賢にはほかにもさまざまな機能があります。

しかも、オンラインツールなので追加機能のアップデートもありますよ。

文賢の公式サイトはこちら

文章作成アドバイスツール【文賢】



文賢を1か月使った在宅Webライターの感想

ユーザー辞書機能がレギュレーションチェックに役立つ!

文賢ではもともとの指摘事項が登録されている「文賢の辞書」がありますが、ユーザー独自の辞書も作れます。

 

ライティングをしているメディアのレギュレーションを登録するのがおすすめ!

最大3つの「オーナー辞書」が作れるので、3つまでのレギュレーションに対応できますよ。

 

たとえばさきほど例に出した文章ですが、わたしが実際に登録しているレギュレーションの辞書に通してみます。

 

 

やわらかい表現をもとめるメディアのレギュレーションです。

あらかじめ登録しておいたルールに沿って、文賢辞書ではOKだった単語を「ひらがなにひらく」ことを指摘してくれました♪

 

さまざまなメディアで執筆していると「このメディアなら美味しいは漢字、あのメディアならひらがな」と混乱してライティングの能率が落ちてしまいますよね。

レギュレーションのチェックをすべて文賢にまかせれば、ぐっと楽になりますよ!

 

スマートな文章が納品できるようになった

ライティングは文字数ありきなので、ついつい文字数稼ぎをするような文章を書いてしまいがち。

わたしは「~することができる」という表現を多用するクセがあります(>_<)

 

自分では気づきにくい「わかりにくい文章を書くクセ」でも文賢で指摘されるので、直しているうちにスマートな文章が納品できるようになりました♪

修正依頼が減ってきたのでうれしいです^^

 

文賢の使用料金は高い?

文賢の使用料金は、月に1980円(税込み)です。

また、10800円(税込み)の初期費用もかかります。

 

わたし
安くはない値段ですよね…

わたしも登録する前は「正直ちょっと高いかも」と感じていました。

でも、いまは時短効果が使用料金の価値を上回ると実感しています!

 

ワードの検索機能で「NGワード」「レギュレーション」をひとつひとつ確認していた作業が、文賢にはりつければ一瞬で終わるのでとても楽。

確認作業のストレスもなくなり、ライティングのモチベーションが上がりました

 

レギュレーションチェックの見逃しも大幅に減り、修正依頼が少なくなったのもうれしいです^^

 

使い始めて1か月、すでに文賢がスムーズなライティングに欠かせないツールになっています。

 

文賢の公式サイトはこちら

文章作成アドバイスツール【文賢】



 

まとめ:文賢はこんなWebライターにおすすめ

文章の間違いや言い回し、レギュレーションを一瞬で確認できる文賢は、Webライターに必須といっても過言ではありません。

実際に使ってみてとくにおすすめできると感じたのは、このようなWebライターさんです。

 

  1. さまざまなメディアで執筆依頼を受けている
  2. レギュレーションの確認に時間がかかってしまう
  3. 書き間違いやミスで修正依頼を受けることが多い
  4. 自分の文章を見直す時間があまりとれない

 

文賢なら、コピペするたった一瞬の作業だけで、文章ミスを確認できます。

3つまでならメディアのレギュレーションに対応した辞書を作ることも可能です。

 

「短時間で完成度の高いライティングをしたい!」という方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

文賢の公式サイトはこちら

文章作成アドバイスツール【文賢】

 

 

 

Twitterで更新情報をお届けします