京都駅から天橋立に電車でアクセス!自由席でも座れた

先日、京都駅から天橋立まで電車で行ってきました。

夏休みかつ土日ということで、自由席に座れるのか心配でしたが、意外と大丈夫でした。

 

この記事では、京都駅から天橋立に電車でアクセスするときにわたしが悩んだことと、実際に行ってみてわかったことをまとめています。

 

 

京都駅から天橋立駅へのアクセス方法

京都駅から天橋立へのアクセス方法は以下の3つです。

 

  • 電車(京都駅31番乗り場発、2時間程度)
  • 高速バス(丹後海陸交通バスで2時間程度・要予約)
  • 自家用車(京都縦貫自動車道で1時間10分程度)

 

ここでは、電車でのアクセス方法について詳しく書いていきますね。

 

 

「特急はしだて」は乗り換えなしで楽!

「特急はしだて」は京都駅が始発の特急列車で、乗り換えなしで天橋立駅まで行けます。

 

  • 所要時間:2時間程度
  • 自由席運賃:3880円
  • 指定席運賃:4800円
  • 乗り換え回数:なし

 

ただし、天橋立駅に停車する特急はしだては、2019年8月現在1日に4本しかありません。

  • 9時24分発
  • 10時25分発
  • 12時25分発
  • 15時25分発

あらかじめ乗りたい電車を決めておくことをおすすめします。

 

「特急きのさき」で福知山駅へ、乗り換える

「特急きのさき」で福知山駅に向かい、「京都丹後鉄道」に乗り換えることで天橋立駅に行くこともできます。

 

  • 所要時間:2時間20分~3時間程度
  • 自由席運賃:3230円
  • 指定席運賃:3950円
  • 乗り換え回数:2回

 

乗り換えルートは以下の通りです。

  1. 京都駅から福知山駅(特急きのさき)
  2. 福知山駅から宮津駅(京都丹後鉄道宮福線)
  3. 宮津駅から天橋立駅(京都丹後鉄道宮富線)

 

「特急きのさき」は7時から21時まで、1~2時間に1回のペースで運行しています。

乗り換え回数が増えてしまうものの、「特急はしだて」に乗り損ねた場合や、都合がつかない場合に便利です。

 

 

福知山駅から「特急たんごリレー」に乗り換える

福知山駅からの「特急たんごリレー」に乗り換えても天橋立駅に行けます。

 

  • 所要時間:2時間20分程度
  • 自由席運賃:3880円
  • 特急席運賃:4800円
  • 乗り換え回数:1回

 

ただし、「たんごリレー」は1日に5本しか運行されていません。

  • 8時54分発
  • 12時53分発
  • 15時4分発
  • 17時49分発
  • 19時3分発

 

事前に乗り換え案内を確認しておくことをおすすめします。

 

 

 

京都駅から天橋立に電車で行ってみた!

8月の土曜日、普通指定席が満席

わたしが天橋立に行ったのは8月の土曜日という夏休み真っ只中の混雑しやすい時期です。

9時25分発の特急はしだてに乗ることに決めていました。

 

出発直前に特急電車のきっぷを買おうとしたところ、普通指定席が満席でびっくりしました。

「自由席もいっぱいかも?」と思いグリーン席を買うか悩んみました。

でも、京都駅が始発だし座れるだろうと考えて、自由席のきっぷを買いました。

 

自由席は途中から混雑する

いざ電車に乗ってみると、京都駅を出発する時点では自由席は空いていました

二人がけの座席を一人で使えるくらいです。

四人グループで座席を向かい合わせにして座っている方もいました。

「指定席より自由席のほうが空いてるのかも?」と感じました。

 

でも、福知山駅くらいから混んできて、自由席に座れないお客さんが数人いました

途中から乗る場合は指定席をとったほうが安心だと思います。

 

 

天橋立から京都駅に電車で帰った

京都駅の電車の本数が少ないので注意

天橋立から京都駅に戻るときも電車を使いました。

困ったのが、天橋立から京都駅に向かう特急電車の本数が少ないことです。

 

京都駅に乗り換えなしで行ける「特急はしだて」は1日に5本の運行です。

  • 10時0分発
  • 13時48分発
  • 14時55分発
  • 18時5分発
  • 19時17分発

 

福知山駅までいける「たんごリレー」は1日に3本の運行です。

  • 11時53分発
  • 15時53分発
  • 16時58分発

 

帰りの電車の時間をあらかじめ調べておいて、間に合うように観光することをおすすめします。

 

 

長い待ち時間には温泉がおすすめ

わたしの場合、待ち時間が1時間以上あったので、駅のすぐそばにある「天橋立温泉 知恵の湯」に入って待ちました。

暑い日だったので、汗が流せてよかったです。

 

タオルは有料で借りられます。スキンケア用品は購入が必要です。シャンプーなどは備え付けであります。

 

公式サイトはこちら

天橋立温泉 知恵の湯

 

 

帰りも自由席で大丈夫だった

わたしは16時58分発のたんごリレーに乗り、福知山駅で「特急きのさき」に乗りかえて京都まで帰りました。

 

行きが混雑していなかったので、帰りの電車も自由席のきっぷを買いました。

「たんごリレー」は天橋立駅が始発ではありませんが、乗っているお客さんのほとんどが降車するため、自由席はがらがらでした。

「特急きのさき」も自由席はすいていて、問題なく座れました。

 

 

 

 

 

まとめ

天橋立は人気の観光地なので、特急電車の混雑具合が心配でした。

意外と自由席は混雑することなく、快適に過ごせたので良かったです。

 

京都駅からの所要時間は三時間程度なので、座れないときついです(>_<)

始発駅からなら自由席でも問題なく座れるかなと思いますが、イベントがある日や途中駅から乗車する場合は指定席のきっぷを購入しておくことをおすすめします。

 

天橋立駅に電車でアクセスする場合、行き・帰りともに特急列車の本数が限られています。

乗り換え時刻を事前に調べておいてくださいね。

 

JR乗り換え検索はこちら

JRおでかけネット

Twitterで更新情報をお届けします